Day1

f:id:michinoins:20180307115135j:plain

さて、本日4月3日より筑波大学 情報学群 情報科学類 を目指して勉強しようと思います。

その前にまず編入の選択をした経緯について長たらっしく書いていきたいと思います。

昨日の記事にもあった通り僕は大学受験の前期試験に落ちてしまい、現在地方国立大学に通っています。

受験を失敗してすぐの頃は立ち直れず、浪人という選択も考えていましたが、最終的には、若くて、エネルギーに溢れているこの18歳の一年間を勉強に費やすというのはもったいない、大事なのは大学に入ってから何をするのかなんだ、と自分に言い聞かせて、現在通っている大学への進学を決めました。

ちなみに学部は工学です。

理系ではあるものの英語が好きで、将来的にはアメリカやカナダの開発者たちと肩を並べて仕事ができたら毎日が充実するだろうな、という風な理想を持っていました。そのため、専門科目がまだ少なく、多くの時間を勉強に充てる必要がまだなかったこの一年間は国際交流を重きを置いて大学生をやっていました。

どうにか英語を使えるようにするために、大学構内にいる留学生を見つけては声をかけたり、留学生のサポーターの活動をしたり、等々... 初めは全然英語を聞き取ってもらえなかったり不審な目で見られたりしましたが(笑)

本当に、力がついてきたなー!と感じることができましたし、地方国立に来たけど全然腐らないでやっていけそう!とも思いました。

そして一年間の集大成といっては何ですが、先月中旬から今月中旬まで一か月フィリピンのセブ島で留学をしていました。たくさんのフィリピン人先生方、現地の人たちと英語で話す機会があって一層英語力の向上を図れました。

このセブ島での経験と、セブ島でのある人との出会いが編入のきっかけとなりました。

 

一番強く感じたのは、英語を話せる人はこんなにたくさんいるんだなってことです(笑)

本当に当然っちゃ当然なんですけど、僕の地元があまりにも田舎過ぎて、英語を少し話せるだけで、一目置かれたり、羨みの眼差しをうけたり、自分はそういう環境で育っていたので、

「俺が英語をもっと話せるようになって海外で働くできる男になるぞ!」 みたいに考えていました。恥ずかしい(笑)

それに加えて、現地で出会った海外留学カウンセラーの方からの現実的な厳しい意見を受けて、まずは自分の専門技術レベルアップをすることが先決だとの考えに至りました。

そして日本に帰り、元々興味を持っていたセキュリティエンジニアについてよく調べてみた結果、筑波大学のある研究室に惹かれました。そうして編入を決意しました。

ちなみにセキュリティエンジニアに興味を持っていたのは、小さいころにドラマで見た「BLOODY MONDAY」です。高木藤丸君がめっちゃかっこよかった...

このような経緯で編入学を目指すことになりました。

編入を決めてから筑波大の編入の体験談や、過去問をあさりにあさってたのですが、比較的ほかの大学よりは多い物の、十分なものとは感じなかったので、僕が少しでも将来の受験生の力になれたらなということでブログに記していこうと決めました。

およそ3か月の受験勉強で筑波大の編入に成功して、これから受験する人たちの参考になれるように頑張ります!


Day2

f:id:michinoins:20180307115106j:plain

皆さんこんばんは~! 今日は僕の得意な英語についてお話したいと思います!

筑波大学の編入学の英語はTOIECまたはTOEFLの提出で点数が決まり、僕の学科のTOEICの場合は満点が730点だといわれています。

昨年のこの時期にTOEICを受けた際は655点だったので、一年間英語をそこそこ勉強してきたので730は超えているのでは、、と高をくくっている状況です。しかし、英語で稼がなければなりません。

僕の場合、高専からの編入ではなく、大学からの編入であるため、数学や専門が圧倒的に高専生より弱いからです。

同時に情報量も負けています。高専の場合は過去の先輩その大学に受かっていればその過去問や具体的な対策なども立てることが出来ると思いますが、四年生大学の場合、全くそんなことがないです。

きっとこのブログを見ている方の中には大学受験を控えている人もいると思います。そういった方々の参考に、少しでもなればと思い、書いていこうと思います。

僕の英語力の目安としては英検2級、TOEIC655程です。(英検2級は高2の春、TOIECは大学1回生の春に取りました。) センター英語は演習ではほぼ9割は超えていました。

本番はてこづってしまい、176/200点でした。残念なことにも英検1級や、TOIEC990 などのスコアはありませんので、もっと高いレベルを目指しているという人達にとってはこのブログは何の益も生まないかと思われます😢😢

とりあえず、今日はなんだか眠くてまともな文章が書けそうにないので明日また更新しますね。

 

 

Day3

f:id:michinoins:20180307115027j:plain

昨晩は失礼しました🙇

英語学習について書こうとしていたのですが激しい睡魔に襲われて...意識もうろうとしながら記事を書いていました😢

さて、改めまして僕の英語勉強方法についてお話ししたいと思います。

単語について! 「知らない単語は文脈から推測しなさい」ということを言われると思います。僕も高校の頃によく言われていました。

実際、その能力はとても大切で培っていって損はない思います。。  が、センター英語で確実に得点を稼ぎたいのなら、僕はコツコツ単語を覚えて、楽をする道を選んだほうが良いと思います。

もちろん、問題の中には高校の範囲では取り扱わないような英単語が出る場面もあります、それは仕方ないです。諦めて推測しましょう...

とても回りくどくなってしまったのですが、僕が言いたいことは学校で配布される単語張であったり、自分で用意した受験用の単語張は全部しっかり覚えましょうということです。

で、その効率的な覚え方でおすすめなのが、朝、単語を覚えることです。 僕は暗記物は朝派でした。 朝、10~20個くらい覚えます。書くよりは、何度か発音と意味の確認をして覚えます。

ここで、発音をおろそかにしないこと!

正しい発音かわからなかったら必ず先生に確認してください! センター第一問を確実に取りたいなら日ごろからその確認をないがしろにしないことです。

話は戻ります。朝単語を覚えます、そして、学校に登校しますね。

登校中何を考えていますか?

この時間にさっきやったばかりの単語を思い出します。

思い出せなかった単語は学校についてから確認して、学校にいる間暇な時間さえあれば「あっ、単語を思い出そう...」として、常に頭のどこかには英単語のことをおいてください。

単語に費やす時間は本当に隙間時間のみであると考えているので、朝のまとまった時間以外は必要ありません。

単語がわかれば、長文を読む速さも上がりますし、正しい発音を身に着ければリスニング力も上がります。

単語が英語学習の根幹になっています。当たり前のことでしたね笑

といった風に僕は高1の頃から単語学習をしていました。

 

今から当たり前のことを言います、一日10分だけでも単語勉強に費やしていたら一か月で5時間、一年で60時間の勉強時間にもなります。

それに、まとまって5時間単語学習するよりも、できるだけ少しづつやった方が記憶にも残ります。

日々の積み重ねです、本当に。

このおかげで、受験期にはほとんど英語の自学をする必要はありませんでした。 とはいえ、大学受験は失敗しているので、説得力には少し欠けますけどね。笑

この説が有力であることを立証するためにも今度受けるTOIECでは高得点をとれるよう頑張ります😢

ここまで編入の勉強について何も触れていませんでしたが、ようやく、本日中に対策用の参考書が届くので、夜にまた、それらについて書こうと思います。

 

 

Day4

f:id:michinoins:20180307114954j:plain

今日は数学をしました!ということでこれから使っていく参考書の紹介をまずします!

参考書は こちら!

大学編入試験問題 数学/徹底演習(第3版)-微分積分/線形代数/応用数学/確率- -
大学編入試験問題 数学/徹底演習(第3版)-微分積分/線形代数/応用数学/確率- -

今日届きました。 「編入 数学対策」と調べると大体この参考書はヒットしていたのでこれにしました! あと、今日はまだ使っていませんが↓も今日届きました。

編入数学徹底研究―頻出問題と過去問題の演習 -
編入数学徹底研究―頻出問題と過去問題の演習 -

この二本柱で筑波大数学を攻略していきたいと思ってます!

話が変わりますが、ブログって本当に便利すぎて驚いています、、

今日この参考書を紹介しようと思い、携帯で写真をとってパソコンの方に落として準備していたんですが、まさかのアマゾンに繋がるリンクが用意されているという。

ほかにもアクセス数をチェックできたり、どのくらいの時間帯に見てくれてる人が多いのか、とか。

もちろんたくさんの人に見てもらいたいので、できるだけたくさん見てくれる人がいる時間帯に投稿するのを心がけています(笑)

では、戻ります。 今日やった内容は、関数の連続性、微分可能な関数、様々な導関数 です。

高校の頃にやったなーと思い出しつつ問題を解いていました。ただ、高校の頃適当にすましていた、というか完全に理解しないままやり方だけ覚えて進めていた部分も何か所かあって、今日それがクリアになってよかったです。

極限の概念で限りなく近づく、というのが勉強し始めの頃はしっくりきてなかったなぁと。いろいろ高校の頃を思い返す時間があったりもしました。( ̄ー ̄)

関数が連続であるためにはlim(x→a)f(x)=f(a)が成り立たなければいけない、+aとーaを確認する。

微分可能であるためにはf'(a)=lim(h→0)f(a+h)-f(a)/h が存在しなければならない。

解いた問題ではlim(x→0)sinx などがあり、この場合不確定なため、x=0では微分可能ではない。 などなどやりました。

あとはー、アークサイン、コサイン、タンジェント微分や、対数、指数微分法、合成微分法、本当に高校の範囲の復習メインでした。

正直微積よりも線形代数が苦手なので早くそっちにも手を付けられるように頑張ります。。 明日には物理の参考書が届くので、数学物理を交互にやりつつ、休憩がてら英語をやりたいと思います。

 

Day5

f:id:michinoins:20180307114918j:plain

なんと物理の参考書が届きませんでした。。

ので今日は昨日の続きで数学を進めました。

今日の流れとしては朝9:00に電車に乗り1時間弱かけて図書館のある街に行き、そこで

15:00まで勉強をしていました。

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ) - TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ) -

これを使ってます!

アプリで音声も聞けるのでその音声を聞きながら覚えてました。

電車で聞くとなると、周りの雑音で聞き取りずらかったりするのですが、先日少し高めのイヤホンを購入しまして、それを使ったところ、遮音能力が素晴らしく、周りの雑音が全く気になりませんでした!

今日までiphoneに付随してくるイヤホンで済ませていたのが本当に悔やまれる、笑

高めのイヤホン、おすすめです!

さて、今日内容は昨日の関数の連続性、微分可能の判断などに続きまして、逆関数、極限、「ロピタルの定理」や「ライプニッツの法則」などです。逆関数全然覚えてなかったです。

「y=sinxをx=sin(-1)y と置けるのはなんでなんだ~」とか20分くらい考えていました😢 衰えは早いです。

定理系はものすごく便利ですね。。 無理くり 0/0や∞/∞ の形にそろえるのがまた面白かったです。

ライプニッツの使いどころがいまいち理解しきれなかったような...

あとで復習しないと⊾

ただ、なんとなくですが、高校の時よりも丁寧に問題を解けるように慣れてる気がしました。

現時点では編入試験で戦うであろう高専生たちに、数学や物理、情報基礎では大きな後れを取っていると思うので、春休み、残りの一週間を全部勉強に費やして、少しでも追いつけるよう精進していきます!!

 

Day6

f:id:michinoins:20180307114822j:plain

さて、久しぶりの編入に関する記事です。

今朝は志望理由書を798文字書きました。

なぜ筑波なのか、筑波で何をするのか、などなど。詳しいことは描きませんが笑

もう試験まで3ヶ月をきってて焦ってきました💦

そしてTOEICが来月に控えているけれどまだ一度しか受けたことがないのでそれもとても心配です。730はオーバーしないと、、、。 全国の高専生と専門だけで勝負して勝てる気はしないです😢

4年生大学からの編入生の唯一ともいえるアドバンテージは英語だと思っています。センター英語を経験してるのできっとTOEICでは勝てるかな?といった感じです。

そして、試験で受ける科目は「数学」「情報基礎」に決めました! 物理はまあまあ得意でしたが、入学後、これからの人生で付き合っていくであろう「情報基礎」を取った方が自分の将来のためかと思ったからです。

で、色々な人の体験談を見て、情報基礎対策は「定本Cプログラマのためのアルゴリズムとデータ構造」にしました。 かなり3ヶ月でものにできるか....やるしかない👊

数学は変わらず徹底研究と徹底編集を進めています。近場の目標としては、4月いっぱいで徹底研究の例題類題をコンプリートして5月には徹底演習に取り組み始める! です。

今日は新歓に参加しないとだめなので5000飛んでいきます...😢行きたくないめんどくさい(´Д⊂ヽ

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2018/2/11 追記

英語の出来る高専生はめちゃくちゃいます。

800超えもざらにいます。

英語だけに頼って専門は手を抜かない方がいいです(抜かないとは思いますが、

英語だけではそんなにリードできません)

 

Day7

f:id:michinoins:20180307114652j:plain

皆さんこんばんは

編入勉強の進み具合をここらで振り返ります。

英語・・・来月末のTOIECが最初で最後のチャンスなのでそこでover 730 するためにも今一番力をいれるべき科目。

ただ、公式問題集は高いのでネットで拾えるサンプル問題を毎日解いてきました。

しかし、今さらながら「公式問題集で対策した方が安心だよな...」と思い始めました。

駅前の本屋で「君の膵臓を食べたい」のコンパクトサイズになっている書籍を眺めているといつの間にか、資格試験対策のコーナーに足を踏み入れていて、今年度4月からバイトをしていないニートの財布から3000円が飛んでいった。

ちなみに「君の膵臓を食べたい」は昨日の大学への往復の電車内と帰宅後に数時間かけて一日で読破した。

本の大きさが少しネックかなと思っていたら駅前の本屋にコンパクトなものがあったため落胆してました。

内容は言わないでおきますが、泣ける雰囲気で、高校生をやり直したくなります。

高校の頃もっと女の子に話しかければよかったなと思わせられる作品でした。

話は戻り、英語ではネットのサンプル問題のほかに「金のフレーズ」「1駅1台文法特急」それぞれ金と青のブックカバーの参考書をやっています。なんか行けそうな気がします。

数学・・・微積は得意だし、線形は苦手だけど三か月あればどうにかなるだろうという3週間ほど前の自分を殴りたい。

数学の出来の悪さに箔がついている僕は3ヶ月間のほほんとやっていては間に合わないと気づきました。

気づけて良かったです。

本当に満点をとるつもりで勉強しないと7割もとれなさそうです。考えに考え抜いた後に答えを見る癖をつけます。

情報基礎・・・C言語。プログラミング。僕の学科では今年度、2017年度の前期になりようやくプログラミングの授業が始まりました。

昨年、独学で少しやっていましたが、その進度もたかが知れてます。もう学校の授業に追い越されました。

情報基礎について調べた結果、今は データ構造とアルゴリズムを中心に今はやっています。

 

 

試験一週間前

もうこんな時期。。。

筑波大学編入試験まで一週間をきりました。もうすでに緊張しています。笑

勉強の方はというと...微積はεδ論法が出ないことを祈る一週間になりそうです。二重積分や極限などは編入問題徹底研究と演習で何度も繰り返したので大丈夫だと思います。

線形代数は証明系は一通りできるようになり、多少の応用なら解けそうです。頑張ります。ここで稼ぎたい...

情報基礎は半分くらいとれればいいかなという感じです。編入や大学院の過去問を解いていると、8割近くとれるときもあれば3割取れないときがあるので運な気がします。。。。。あーーーやばい。

とりあえずソート、グラフ、木、線形リストを徹底マークしてやってきました。過去問にはKMP法とか探索もあったのでそれを今やっているといったところです。

ついでなんですが、茨城から帰る際、東京によるので高校の頃の友達と遊びに行きます。楽しみです。

あー緊張する。もう今からでも受けに行きたいです。

ツイッター等で情報を集めていると第一志望の情報科学類はボーダーが220点くらい、情報メディアの方は200点くらいということがわかりました。僕らの年代がどうなのかはわかりませんが、目標としては240点とれるように解いてくるつもりです。

英語は満点(おそらく)なので数学と情報で7割ずつほしいところです。

あーーー緊張する!!!!

次更新するのはおそらく7/26(水)です。合格してたら更新します笑

 

 

追記コメント

最後までご覧いただきありがとうございます。

この記事は元々複数あった編入の記事を一つの記事にまとめてあります。

大学編入の勉強をしていた頃にリアルタイムで勉強の記録を綴っている備忘録です。

当時は自己満足な部分も大きかった(もちろん今後試験を後輩のためでもある)ので読みづらい勘弁ください(-.-)

 



人気記事セレクション

1. 【DAIGOのススメ】ステッパーで歩きながら読書をすると集中力が爆上がりすると聞いて...
2. 腰への負担が少ない座椅子を発見した!これでブログ作業もプログラミングも順調に...!
3. 木製のデジタル置時計がおしゃれで安い!!紹介させて!
4. 2回目のTOEICで880点取れたので勉強法や使った参考書をうんぬんかんぬん

おすすめの記事
SponsoredLink