大学生の皆さん、長期休み暇していませんか?

アルバイト、サークルの合宿、インターンシップやってみたいことはたくさんあると思いますが、いつも通りの事をやっていても楽しくありません。

月収10万、いや20万超えのバイトをやってみたくはありませんか?

リゾートバイトに行ってみてはいかがでしょうか。

リゾートバイト?海?山?温泉??

今回はリゾートバイト初心者の方に向けてあれこれをまとめてみました。

リゾートバイトとは

 

リゾートバイトとは、北は北海道から南は沖縄まである日本全国の観光地で住み込みでバイトをすることです。

この"住み込み"というのがポイントです。

基本的に、リゾートバイト先までの交通費は基準額支給され、更に住み込む宿(ホテルだったり旅館だったりアパートだったり)に滞在する費用は基本0円です!

滞在費...家賃、光熱費、水道料金、食費、すべてがタダです!

つまり...?

働いたお金が全部懐に入ってくるってこと!!

 

リゾートバイトの時給は1000円を超えている所が多く、一日当たりの労働時間も夏休みなどの繁忙期なら、8時間は確保してもらえます。

僕の場合、閑散期でしたが1ヶ月で20万円稼げました。

こんなにガッツリ稼げるバイトは中々ありません。

(と、いいつつも治験バイトとかいうガッツリ稼げるやつもあります)

 

また、同じように全国各地からやってくる大学生はもちろん、様々な経歴の人と出会うことができる機会でもあります。自分の視野を広げてみたいという方にもおすすめのバイトです。

バイトの期間は1週間の短いものから半年以上にわたるものまであります。

夏休みを持て余している大学生に丁度フィットする1ヶ月~2ヶ月でできるバイトもあるのでお勧めです。

リゾートバイトに行く前にチェックしておくべきこと

 

リゾートバイトを決める前に、チェックしておいた方が良いことがいくつかあります。

現地についてから知らされては遅いので、入念に調べたり聞くなりしましょう。

 

個室か相部屋か

 

一人の時間が欲しいから個室やな~...

 

陰キャじゃないんで相部屋がいいっすねw

 

人それぞれですが、長期滞在する場合はこれは大きな問題なのでよく考えて決めましょう。

募集要項に、部屋が個室か相部屋か書いてあるはずですが

時期によっては(夏休みや春休みの繁忙期)、バイト生が多すぎるため、相部屋をお願いされることもあります。

僕自身、バイトに応募して、電話でバイトの説明を受けているときに、ポロっと相部屋のお願いをされました。

 

いや、それは無理です

 

その場で断りましたが、そのリゾートへ行く気分だったのでとても残念でした。

 

さて、個室の良さとしては、自分の時間が確保できることです。

バイトをしていない時間に誰の目も気にせずにぐーたらする時間を作れます。

 

ONとOFFの時間がつくれる~

 

相部屋の良さとしては、すぐに友達ができるところ...ですかね、

デメリットとしては、当たり外れがあるところだと思います。

モノを片づけない人、部屋を清潔に保てない人など 自分と感覚が違う人

同じ部屋になるとストレスしかたまりません。

逆に、めちゃくちゃ気が合う人と同じ部屋だったら最高のリゾートバイトになるでしょう。

 

交通費の支給

 

冒頭でお話ししましたが、 交通費が基準額支給されます。

が、必ずしも交通費をすべて賄ってもらえるというわけではありません。

バイト先は、普段だと中々行けないところが多いのでどうしても結構な交通費がかかります。

 

交通費支給が充実している所なら支給される分で賄えるかもしれませんが、

場所によっては数千円しか支給されなくて、

自分で負担するのが〇万円だったりします。

(結構山奥のバイト先だったので僕は15000円の交通費が実費でした)

 

現在の住みかと、バイト先が近い方が交通費をあまり気にしなくて済むみますが、

せっかくなら多少実費でも遠くのリゾートに行ってみたいですね、

Wi-fiが使えるか

 

Wi-fiがなくてとても時間を持て余してしまった。

 

Wi-fiがあるかどうかは死活問題です。

 

ないと本当に暇になります。

リゾートバイトは朝4時間、昼休憩、夜4時間という勤務パターンが多いです。

6:00~10:00 / 16:00~20:00 で8時間です。

10:00~16:00の6時間の昼休憩は大体部屋で過ごします。

 

もちろん一緒に働いている人が車持ちとかだったら

近場に出かけることが出来ますが、毎日そうもいかないので

やはり部屋で過ごすことが多くなり、携帯をいじりがちです。

 

Wi-fiがないとなると、youtubeも十分に見れず、パソコンも使えず

と、やることが0になります。

僕は筋トレしてました。

 

筋トレに飽きてこんなこともしていました。

 

空き時間に何をするか決めていて、Wi-fiが必要なければいいのですが、

携帯を普段からよく使う人やパソコンで作業が多い方は

しっかり Wi-fiがついてるか確認しましょう

(ホテルロビーにだけついてるというトラップがたまにあるので要確認です)

リゾートバイトをしている人がいるか

 

意外にここが盲点だったりします。

バイト先によっては自分以外にリゾートバイトが0人という場合があります。

 

つまり、一緒に働く人が全員社員の可能性もあるということです。

 

僕も、先月リゾートバイトを探していた時にこのようなバイト先もあることを知らされました。

人手が欲しいけれど、何十人も必要ではなく、本当に一人、二人だけ必要。

そもそもリゾートバイトしている人がいないかもしれない、というパターンです。

え?それくらいだったら地元で単発バイトを募集すればいいじゃん

 

という疑問が出てきますね。僕が見つけたところは

駅からのバスしか交通手段がなく、それも1.5時間かかる秘境の地でした。

なのでおそらく単発でも募集しずらいので「リゾートバイト」として

募集しているのでは、というのが僕の推測です。

 

 

というのは置いといて、

お金だけが目的ではなくて、色々な人との関係を持ちたい人は

自分と同じようにリゾートバイトをする人がいるかどうか

を必ず確認しましょう。

 

ここで働いてしまうと、リゾートバイトの1つの魅力でもある"色々な人との出会い"がほぼ0になってしまいます。

 

 

勤務時間について

 

繁忙期と閑散期というものがあります。

海は夏、スキー場は冬が繁忙期ですね。

 

温泉だと春や秋、年末年始が忙しくなります。

基本的に労働時間は8時間ですが、繁忙期だと忙しい分残業が増えます。

1日10時間が1週間続く場所もめずらしくありません。

もちろん、働いた分はお金をもらえるので、ガッツリ稼ぎたい人は

むしろ残業が多く、繁忙期のところを狙い目にするべきですね。

ガッツリ稼ぎたいなら繁忙期!!

 

逆に閑散期に当たると、楽に働けます。

僕は温泉のリゾートバイトで閑散期にあたって

結構楽に楽しく働くことができて、お金はそこそこでしたが稼げました。

勤務時間も時期によってどれくらいなのか問い合わせることができるので

長時間労働が厳しい、あるいはガッツリ稼ぎたいという方は

事前に勤務時間について聞いておきましょう。

おすすめのリゾートバイトの募集サイト

 

「リゾートバイト」で検索してもいっぱい出てくる...

安心の大手を紹介しよう!

 

ということで、初めてのリゾートバイトの人にお勧めの大手リゾートバイト派遣会社

を紹介していきます。

 

アプリリゾート

僕が実際に使用したサイトです。こちらは時給の高さで有名ですね。

リゾートバイト先では仲の良かった4人のうち2人がアプリから来た人でした!


はたらくどっとこむ

 

ヒューマニック

 

同期4人のうち2人はヒューマニックから来ていました!

ヒューマニックも大手ですが、前払い制度や任期満了のお礼金などがあるところが他と違います。




リゾートバイトならリゾバ.com

 

アルファリゾート

 

女性からの評価が高いですね。というのも、個室寮が多かったり、女性人気なホテルや旅館の登録が多いからだと思われます。


リゾートバイトならアルファリゾート!

3週間と少しで稼げた金額

 

僕は大学の夏休みを利用して3週間と少しリゾートバイトをしました。

時給が950円で1日7~10時間くらい働いていました。

稼げた額は...

18万円!!

でした!!

効率よく稼げてハッピー

まとめ

 

色々な要素を考えた上でバイト先を決めなければいけませんね。

僕のおすすめの決め方としては

重要度を決めて、低い物から妥協していく

です。

例えば、優先順位が

時給>個室>Wi-fi

だった時に、ある2つのバイト先で悩んだとします。

 

f:id:michinoins:20180830103659p:plain

この場合、優先度の低い「部屋」と「Wi-fi」を妥協して

バイト先Aを選ぶ、という方法です。

後悔のないリゾートバイトにするためによく考えてバイト先を決めましょう!

 

 

番外編-リゾートバイト体験談

 

僕のリゾートバイト先は温泉でした。

山奥で、近くにコンビニはなく、娯楽施設もないような結構隔離された場所で1か月間過ごしました。

初めの数日は、あまりにも何もなさ過ぎて辛い一ヶ月が始まると思っていましたが

一緒に働いている人たちが個性豊かで、日々のバイトがとても楽しかったです。

何人か紹介すると...

歌舞伎町の元ホスト

 

いきなり経歴が強すぎてびっくりしました。

リゾートバイトの初日、食事を取る所で出会いました。

いきなりがつがつ話してきて驚きましたが、さわやかで話やすくて、面倒見のいい先輩っていう感じでした。

話していくうちに元ホストという事実を伝えられて驚きを隠せませんでした。

年齢が一回り離れていたのですが、若々しさをすごい感じて友達と話している感覚で仲良くなり、

1か月のバイトでこの人と一緒にいることが多くて「女の子の扱い方」「人生について」色々学ばせてもらいました。

とにかく色々なことを知っていて面白い人でした!(こうやって何人も女の人を落としてきたんだなと思った)

普通に生活していては絶対に会うことが無かったと思います。

やはりリゾバの出会いは貴重...

旧帝大に留学した後、日本に帰化した中国人(日本人)

 

40代とは思えない美貌で、流ちょうな日本語を扱っていたので

この人はもしかして元キャバ嬢か...?

と疑いにかかりましたが、そんなことありませんでした。

学生時代、日本の大学に留学し、中国に戻って英語の先生をやってからまた日本に戻ってきた、という経歴の人でした。日本に留学してから英語の先生になるって矛盾は置いといて

中国語はもちろん、日本語、英語も話せる人だったので英語の練習に付き合ってもらったりもしました。

ちなみにさっきの元ホストの人は子供の頃、海外に6年くらい住んでいで英語ペラペラなので、3人で英会話の勉強をしたりもしました。(二人がぺらぺらで僕は中々入り込めませんでしたが)

大学1年生カップル

カップルで来ている人がいました。

2人とも楽しそうでした。

まとめまとめ

 

リゾートバイトでとても楽しい時間過ごせました。

バイト初日に部屋に蜘蛛が出たり、早起きする必要があったり

苦労もありましたがそれ以上に貴重な経験はできたと思います。

時間を持て余している大学生はぜひ行ってみてください!


はたらくどっとこむ

 

 

 

人気記事セレクション

1. 2回目のTOEICで880点取れたので勉強法や使った参考書をうんぬんかんぬん
2. 大谷翔平選手と茂野五郎ってどっちが強い?? 経歴を比べてみた
3. 腰への負担が少ない座椅子を発見した!これでブログ作業もプログラミングも順調に...
4. 4ヶ月のアパレルバイトで身についたこと
5. 【大学編入】編入学でかかった費用まとめ...機会損失含めたら50万超える...??

おすすめの記事
SponsoredLink