いつの間にか、Progateのレベルが225を超えていました。

f:id:michinoins:20180727134340p:plain

今回は、Progateの魅了をお伝えしていきます。

記事後半にProgateを終えた後のプログラミング学習の進め方について

イイなと思った方法を紹介しています。

人気記事セレクション

1. 僕らは何を信じて学んでいけばいいのか
2. 大学生がバイトをするのは時間の無駄なのか
3. 腰への負担が少ない座椅子を発見した!これでブログ作業もプログラミングも順調に...
4. 4ヶ月のアパレルバイトで身についたこと

 

Progateとは

プログラミングを学べる無料の学習サイトです。

様々な用途に応じたプログラミング言語を学ぶことが出来ます。

初心者でもとっつきやすい

Progateがここまで人気を博している最も大きな理由です。

分かりやすいサイト構成、初歩的な所から始まるレッスン。

プログラミングを始めるときに挫折しがちな環境構築が不要。

インターネット環境さえあれば、使用できるWebサイトです。

サイトがシンプル

最高のUI(ユーザーインターフェース)です。

f:id:michinoins:20180727135258p:plain

無駄な文字やナビゲーション、デザインもなく、やりたいことにパッとたどり着けます。

Progateユーザーにはプログラミング初心者のみならず、インターネットの使用経験があまりないという人たちも見受けられます。

そういう人達からしても使いやすくデザインされているので

ここまで人気が出ているのでしょう...!!

レッスンが充実している

レッスンがとにかく充実しています。

初歩的な内容が多すぎて、物足りないこともなく

逆に、内容が濃すぎて初心者にとっつきずらい ということもない

丁度良い難易度が設定されています。

難易度が設定されているというよりは

学習の誘導がとても上手で、得た知識をすぐに使用できるので

インプットとアウトプットの間隔がとても短いです。

よくありがちな、知識だけが溜まっていき、実際にプログラムを書く能力が付かないという状況には陥りずらいと思います。

レッスンの序盤、小さいものからコツコツと作り初め、終盤になると一つの作品が出来上がるようにレッスンが組まれています。

やり切ったという達成感はもちろん、プログラミングに対する苦手意識も払拭できると思います。

そうすると、Progateの外へ出て、Qiitaやgithubを元に自力で勉強していく力がついていきます。

最高ですね。

有料会員登録

全てのレッスンが無料というわけではありません。

有料会員登録をすることで、すべてのレッスンを受講することが出来ます。

お値段は、980円/月 です。

何かの言語の入門書を1冊買えば、安くても2000円はかかります。

Progateは何種類もの言語を好きな時に好きなだけ勉強できて月980円です。

どっちがお得かは自明ですね。

ドットインストールとどっちがいい?

どちらもやってみた僕の感覚では

初心者向けかどうか Progate > ドットインストール

色々作って見ることができるか   ドットインストール>Progate

です。

Progateの良さとしては、環境構築をする必要がない。ということと、とても優しいスライド。

ドットインストールの良さとしては、環境は自分で調べて作ってくださいと丸投げするも

動画の講義では、丁寧に解説してくれるところ。です。

実績がすごい

Progateがリリースされてから数年たっています。

Twitterユーザーの中にはこんなプロフィールの人たちがわんさかいます。

Progateを初めて〇ヶ月でエンジニアに転職できました。

単に分かりやすい学習サイトというわけではなく

しっかりとキャリアに繋がるようなサイトなんです。

もちろん転職は個人の努力に依存はするものの

Progateを通じてエンジニアになる人が出ているという事実はあります。

Progateを終えた後

Progateを終えれば、その言語に対する基本的な知識がついたといえるでしょう。

しかしながら、Progateを終えてから次のステップに進めない人がちらほら見られるようです。

あれ、新しいもの作りたいけど何から始めればいいんだ...?

たしかに、Progateでプログラミングの基礎を学び、作品を作ることができますが

自分の頭で考えたものではない

ということを今一度認識すると良いと思います。

Progateを終えた後、何かのサービスを作るにあたり

自分で実装したい機能を考え そのためには何の知識が必要なのか、それはProgateで学んだものを使えるのか。新しい知識を得ないといけないのか。

それらを試行錯誤しながら進めていくことがProgateを終えた後の成長ステップかなぁと思います。

私自身のProgateの進め方について

大学の講義で使用する言語を学ぶために3ヶ月ほど前に始めた

Progateですが、ふとLevelをみたら200Lvを超えていました。

f:id:michinoins:20180727134340p:plain

講義で使用するJavaから始まり、独学していたHTML、周りの流れに乗ってRuby

gitやcommandの復習,そしてJavascript,JQueryといった順番で勉強してきました。

と、まぁこの辺りは置いといて

様々意見があると思いますが、

プログラミングをしていく上で、色々な言語を知っていることだけが取り柄になるのは良くないけれど、自分が創りたい何かのための用途として言語が増えていくのはありだと思います。

僕はJavascript編を終えてからメモ帳的なものを作ってみました。

www.michinoins.com

世の中には↑で作ってみたものよりも使いやすく、高機能なメモ帳しかないと思いますが、自分で考えて何か作ってみたという経験はこれからの開発にきっと繋がるだろと信じています。

作り初めの数日は、コードを書く時間よりも調べる時間の方が長く、コードを書き始めると、基本的なミスのチェック回数ばかり、開発後半になってようやく機能の実装に移ることができました。

きっと、今ではガンガンコードを書いている人も初めのうちは

調べて調べて調べて...ばかりだったと...思いたい。

 

おすすめの記事
SponsoredLink