先日のAmazon PrimeDay(2018/7/16)にて、

コスパgoodなBluetoothイヤホンをゲットしました~!!

普段からイヤホンを使う人たちは

取り出すときににコードが絡まったり

歩きながらつけているとコードがぶらぶらして邪魔だったり

悩みは尽きないかと思います。

今回ですね、初めてBluetoothイヤホンを購入したということで

通常のイヤホンからBluetoothユーザーになびきかけている人たちに向けて

BlueToothイヤホンはいいぞ

ということをお伝えできればと思います。

 

SoundPEATS(サウンドピーツ) bluetooth イヤホンQY7

f:id:michinoins:20180728214320j:plain

PrimeDayで購入したbluetoothイヤホンです。

その時の価格はなんと、1000円!

現在は通常価格で1999円に戻っていますが、それでもお手頃価格です。

 

 

 

 

 

 

説明書

イヤホンケース

充電ケーブル

イヤーキャップ

イヤーフック

イヤホンをまとめるやつ×2

が付属品としてついています。

イヤーフック、イヤーキャップは自分の耳に合うサイズを選んで使えば

ランニング中にも使えますし、ずれて落ちることもないので

サイズがいくつかあるのはありがたいです。

通信距離

通信距離は10mまでです。

一般的な大学生一人暮らしなら、家のどこにいても通信距離県内にあたります。

一日中音楽聞いていたいって人にはもってこいですね。

連続使用時間

気になるところですね。

連続使用時間は約5時間と書いてあります。

たった今一日中家で使うとか...

1日間、充電無しで使うのは厳しいようです。

それでも5時間、ストレスフリーでイヤホンを使えるのは嬉しいですね。

めちゃくちゃイヤホン使うっていう人は、モバイルバッテリーを持ち歩くしかなさそうです(-.-)

僕が愛用しているモバイルバッテリーの容量は2万アンペアです。

よっぽどの長旅で充電チャンスがない場合じゃないと、困ることはありません。

お勧めです。

周りの音

かなり周りの音を遮断します。

理想的には、周りの音も音楽もちょうどいいくらいに聞こえるのが良かったのですが、

このイヤホンは、周りの音が聞こえずらくなります。かなり聞こえずらくなります。

周りの雑音を遮断して、音楽だけが聞こえる世界に入りたい

時には打ってつけのイヤホンですが

自転車に乗りながら、歩きながら

で使うのは危ない気がします。

そこは各々見極めてお使いください。

イヤホンのコスパ

僕は、イヤホンはある程度の音質が保証されていればそれ以上はこだわらないのですが、

人によっては、~万もするイヤホンじゃないと満足できないという人もいます。

逆に、100均で売っているようなイヤホンを半年に一回くらいのペースで買い替えて使う人もいます。(友人がそうしててびっくりしました。)

彼自信、~万するヘッドフォンを持っているみたいですが、

時と場合によって使い分けているらしいです。

100円×8(大学4年間)=800円...一般的なイヤホン(1000~2000円)より安い..

イヤホンのコスパ最強は100均なのかもね...

使ってみての感想

普段、寝る前にイヤホンで音楽を聴いているのですが

コードがあるイヤホンを使っていた頃は、いつのまにか寝てしまったときに

目が覚めると首に絡まって気持ちが悪かったのですがこれにしてからはそんなことは無くなりました。

周りの雑音で集中できない時に、これを使うと完全に音楽に集中でき、作業もはかどるようになりました。

ネックになるのはやはり連続使用時間かと思います。

5時間以上継続して音楽を聴いていたいという人にはあまりお勧めできませんね...

学校の行き返りの電車内、図書館で勉強するとき、寝る前にリラックスするために

こういった用途であれば快適に使えると思います。

 

人気記事セレクション

1. 僕らは何を信じて学んでいけばいいのか
2. 大学生がバイトをするのは時間の無駄なのか
3. 腰への負担が少ない座椅子を発見した!これでブログ作業もプログラミングも順調に...
4. 4ヶ月のアパレルバイトで身についたこと

おすすめの記事
SponsoredLink