先日、米を買おうとスーパーに立ち寄ったところ

国民から不動の人気を誇る「こしひかり」、「ひとめぼれ」をはじめ、

僕が個人的に好んで購入する「つや姫」(山形県)が売られていませんでした。

 

これは由々しき事態だ。どう対処しよう。

 

今回普段とは異なる米を購入することで僕の「*米銘柄サイクル」が狂ってしまうことに懸念を抱きました。

(*7月第1週はこしひかり、第2週はひとめぼれといった風に銘柄のサイクルを楽しむこと)

 

棚に並んでいる他の米を見ても、心を動かされるものはいない......かと思いきや

 

「青天の霹靂」

 

という文字が視界に入ってきたことに気づきました。

しかしここは食品コーナー。

食材しか売っていないはずです。

 

というか食材以外にしても商品名に「青天の霹靂」なんてことはありえない。

疲れからか、幻覚でもみてしまったのかもしれません。

視界に文字なんて入っておらず、脳内に直接メッセージが送られてきたのだと解釈しました。

青天の霹靂?どういうことだ...?

 

まさか、今、このタイミングで青天の霹靂な出来事が起きるのか?

何を言っているのか自分でもよく分からないけれど

 

好きな銘柄が売り切れている状況で青天の霹靂なモノやコトが起きると思いました。

そう、このタイミングでの「青天の霹靂」とは目当ての米が補充されること。

すこし光が見えてきました。

 

一度米コーナーを離れた僕は買う予定もない高いお肉を目で楽しんでぶらぶら歩いた後、期待を胸に

再び米コーナーに戻ってきました。しかし...

米が補充されていないじゃないか

 

なんだ。結局神は俺を見放したと。俺に食わせる米はないってか。なるほどな。

青天の霹靂な事は起きていませんでした。

がショックに頭を抱え、米コーナーを過ぎ去ろうとした瞬間...

 

 

.....靂

 

......霹靂

 

 

...青天の霹靂

 

 

という文字が見えました。

??また見えたぞ?

 

 

夢か現か、はじめは分かりませんでした。

正気に戻り、重たい瞼をこすりながら見た視線のその先には...

 

 

 

青天の霹靂は、米の銘柄を表していたのです。

 

青天の霹靂にひとめぼれした僕はどっしりと構える米袋を買い物かごへ放り投げました。

青天の霹靂っていうくらいの名前なんだからよっぽど驚かせてくれるんだろうな。

 

帰路に立つや、秘めた思いを胸に歩き出しました。

 

青天の霹靂を食べる

 

家に帰り、さっそく「電子レンジ対応炊飯器」で青天の霹靂を炊いてみました。

ちなみに、簡単に炊飯器を説明すると

「750円くらいで購入できて、10分で2合の米を炊ける優れもの」

です。

 

 

いざ、実食

 

 

 

 

おいしい...!!アツアツフハフハのご飯。

 

すっきりとして甘い。。噛めば噛むほど甘みが出るとはこういうことか...

 

上品な甘みと芳醇な香りを放っています。

ご飯が進む進む。

 

米の写真は撮ったのに、炊けた後の写真を撮らずして完食してしまいました。

今度機会があればまた購入して食べます。

 

 

おかずには主張の強い肉や魚などのメインディッシュをもってくるのもいいですが、

シンプルな味の瓶詰めおかずをご飯のお供にしてご飯の甘みを最大限生かすのもまた一興です。

 

しかし青天の霹靂唯一の欠点を上げるとすればおいしすぎて食べ過ぎてしまうことですね。

毎食2合食べてしまいそう...

青天の霹靂について

 

青天の霹靂を紹介します。

青天の霹靂(せいてんのへきれき)は、日本のイネの品種名および銘柄名である。青森県の新品種で2015年より本格販売。食味ランキングでも3年連続特Aを獲得[1][2]。品種名は公募から、弥生時代最北の水田があった青森の「青」と北の空の「天」鳴の「霹靂(へきれき)」から命名。-Wikipedia

 

お得意のWikiから説明を持ってくると、こんな感じです。

驚くべきは食味ランキングで3年連続で特Aを獲得している米だということです。

2015に本格発売しているので、世に出した時点で最高のクオリティという完成度の高さ。

2017年 お米の評価・食味ランキング 特A品種まとめ

 

こちらのサイトによれば、特Aというのは

こしひかり」や「ひとめぼれ」などに匹敵するランクです。

どうりでおいしいわけだ!

 

青森と言えば、りんご、いかやマグロなどの海鮮類で有名ですが

ここへきて「青天の霹靂」効果でお米も有名になりそうだと勝手に予想してます。

ネーミングセンスの良さに脱帽です。

 

有名なお米の名前は、「ひらがなで分かりやすい」というイメージがあるのですが

「青天の霹靂」は「漢字で(分かりずらい)」というイメージを持つ人は一定数いると思います。

 

が、それを感じさせないほどのインパクトの強さがこの銘柄の強みだと思います。

ネタ記事でしたが、青天の霹靂はおいしかったです。

是非ご賞味あれ。

 

ちなみに

 

記事の中に「ひとめぼれ」「こしひかり」「つや姫」の文字が隠れていたのに気づい人はいますか?

ひとめぼれは分かりやすかったと思いますが、こしひかりとつや姫は一発で気づいた人は中々いないと思います。

探せなかった人はもう1度よ~く読んでみてください(笑)

所々変な表現があったた思うのでその辺をひらがなにしてみるとわかるかもしれません。

 

 



人気記事セレクション

1. 話題のセブ島0円留学(AHGS)に行った!(授業内容や現地の生活
2. 飲食バイトはきつい? ホール、キッチンどちらも経験した身からすると...
3. おしゃれじゃない大学生がアパレルバイトをしたとっても大変だった話
4. コンコルド効果を知っておけばソシャゲやパチンコの沼にハマらないのでは?
5. ハリポタ?スコットランドヤード?イギリスの構成国の魅力を伝えていきます。

 



人気記事セレクション

1. TED Talksで英語学習をするのは割とおススメなのでやってみて欲しい!
2. 就活サイトからのメールがうるさくてブロックしたので他の就活サイトを紹介
3. Adsenseの関連コンテンツが解放するまでにやったことやその後の収益などをまとめた
4. 研究室選びの怖い話
5. 【意外と多い?】大学生が帰省するときに持っていくもの、やっておくことをリストにしました

おすすめの記事
SponsoredLink