田舎民のみなさん、東京に来て初めて電車に乗る時、路線図を見てもさっぱりわかりませんでしたよね。

そんな時はとりあえずアプリ調べてみよう

ということで、乗り換え案内のアプリをダウンロードして使ってみました。

インターンシップに向かう日の朝の事、乗る駅と降りる駅を入力して

所要時間や乗り換えを調べようとしたところ...

f:id:michinoins:20180903133400p:plain

路線が変わっているのに乗り換え不要ってどういうこと...?

田舎から来た僕は、路線が変わるということ=電車を乗り換えるということ

と認識していた教養無し無し人間なので、知りませんでしたが

電車がそのままで違う路線を走る事ってあるんですね

なので、この場合は9:28の東武スカイツリーライン準急に乗れば

目的地の池尻大橋駅まで到着できました。はい、以上です。

ということがあったので、UIについてちょっとコメントすると

今回の何が混乱するかって、アプリ内で「乗り換え不要」と「路線が変わる」っていう僕にとっての矛盾が存在していることです。い

や、きっと他にもこのアプリを使ってそう思った人がいると信じたい...。

解決策としては、それくらい知っておけという話なのですが

もしも60年間くらい田舎に住んでいて初東京のおばあちゃんに乗り換え案内のアプリを使わせる機会があった時に、これをみたら迷っちゃうと思うんですね。

僕の思う最強のUIはユーザーにほとんど考えさせずに目的を達成させることです。

例えば、テレビのチャンネル。

昔のものがどうだったか分かりませんが、今のチャンネルにはボタンがめちゃくちゃあります。僕も初めて使うチャンネルはどのボタンが何をしてくれるのかいまいちわかりません。ましてやお年寄りの方や小さい子供にはきっとわかりずらい事でしょう。

そんな人たちのために、UIを最適化すると

「最低限の機能のボタン以外はガムテープで隠す」

というものです。

チャンネルのマスト機能はチャンネルを変えることなのでそれ以外のボタンはすべて隠してしまえば、一目見て使い方がわかるでしょう、ということです。

しかし、これからもっともっと物が便利になっていく上であらゆるものにあらゆる機能がついてしまうのは仕方がないと思います。

が、頑張ってついていきましょう。という思いつきで書いた記事でした。寝よう。

 

人気記事セレクション

1. 僕らは何を信じて学んでいけばいいのか
2. 大学生がバイトをするのは時間の無駄なのか
3. 腰への負担が少ない座椅子を発見した!これでブログ作業もプログラミングも順調に...
4. 4ヶ月のアパレルバイトで身についたこと

おすすめの記事
SponsoredLink