周りと違うからといって不安がる必要はなく、それを自分らしさとして活かしていけばオールオッケーです。

 

あえて周りと違うことをすることで"アイデンティティ"を確立するというテクニック。

これはテクニックというか、事実ですね。
周りと違うことをすれば自分らしさが生まれます。

勘違いしないで欲しいのが、

「至上初!渋谷のハロウィンで軽トラックを倒した!」

とかいう小学生がやりがちな目立つだけのことを自分らしさというのではなく、
自分にしか生むことができない価値、提供できない物を自分らしさと定義します。

もう一度言います。物事の良しあしも分からずにただただ目立つことを自分らしさとは言いません。それを先に言っておきます。

 

では、本題に入っていきます。

厚切りジェイソンさんがこんなことを言っていました。

身に覚えがある人は多いのではないでしょうか。

周りと同じことをし続けていたが故に、自分のやりたいことが見つからず、自分らしさもなく、THE普通の人間になる。

THE普通の人間が良いことなのか悪い事なのかという水掛け論になりそうな話は置いといて、

今回は「自分の個性」「自分らしさ」が欲しいという人がやったらいいことをまとめてみました。

まとめました

 

ごめんなさい、「まとめました」なんていったら語弊がありますね。

この記事で言いたいのは、タイトルにもある通り「あえて周りと違うことをすることで自分のアイデンティティを確立する」ということです。

あえて周りと違うことをする

 

この記事を読んでいる人はきっと

「自分らしさが欲しい」
「けど何をしたらいいか分からない」
「すると他人と比べてしまう」
「アイデンティティがなくなる」

こんなことを思っているのではないでしょうか。

自分のオリジナルな特徴を作るためには他の人がやったことのないフィールドに挑戦する必要があります。

しかし「アイデンティティ 確立するには」なんて検索をかけても自分らしさを追求することはできません。

 

そう。調べて出てきたことを真似したらそれは自分らしさじゃない...

 

ということで、自分らしさというのを考える上で皆さんに知っておいて欲しい事があります。

よく分からない需要がある

 

「よく分からない需要」というと少し語弊があるかもしれませんが、

「自分が思い付かないような需要がある」ということを知ってほしいです。

 

インターネットが普及して、世の中の誰とでも簡単に繋がることができる現代では、普通に生きている範囲では関わる事の無かった需要に触れることができます。

 

例えば、ウナギトラベル

この会社では「ぬいぐるみを旅行に連れて行くサービス」を提供しています。

ぬいぐるみだけ...?

そう、ぬいぐるみを旅行に連れて行くサービス。

 

普通だったら思いつきもしないし、やってみようとも思いませんが、
今では多くの人に利用されているサービスです。

こういった普通では気づかないような需要が世の中には溢れています。
他の人とあえて違うことをすると、ふとした瞬間に需要にヒットするかもしれません。

とりあえずやってみる

 

何かのアイデアが思いついたならとりあえずやってみることをお勧めします。

とりあえずでいいんです。とりあえず。

それが成功するか失敗するかなんてやってみないと分からないので

とりあえずやってみる。これでOK。

 

ただ、挑戦するたびに大きなリスクを抱えていては、リズムよくトライ&エラーをすることができません。

 

なので、低リスクで挑戦できる方法を紹介していこうと思います。

リスクのない挑戦

 

自分らしさ、アイデンティティを確立するためには「挑戦する事」が必須です。
他人と同じことをやり続けていては自分らしさは生まれてきません。

それはそう

インターネットで始めるビジネスは比較的リスクを少なくして挑戦することができます。
というのは、物理的に(オフィスとか、人とか)もだし、労力的(諸手続き)にも楽にスタートすることができるということです。

リスクの少ない挑戦を続けることで、どこかでヒットするものを作るしかありません。

 

ブログやYoutube,ネット上の活動

 

僕が思うに、最も低リスクで始められるアイデンティティ確立は"発信活動"だと思います。

いや、Youtuberもブロガーも結構いるじゃん...

いや、Youtuberもブロガーも結構いるじゃん...

いきなり市場が0人の所を攻めるなんて難しすぎる

 

確かに、ブロガーもYoutuberもここ最近でとても増えてきています。

しかし、あなたの周りにはいますか?

陽の目を浴びることが増えてきた彼ら(僕ら)ですが、それでもまだまだ、絶対数は少ないです。
始めたとしたら間違いなくマイノリティです。

低リスクポイントを挙げてみますね。

ブロガー,Youtuberが低リスクの理由
  • 初期費用が0
  • 初期費用が0円
  • 一定数先人がいる
  • パソコン、スマホ一台から始められる
  • 収益化を見込める

最後の「収益化を見込める」というのは低リスクとは少し関係ありませんが、
自分らしさを出すために始めたことでお金が発生したら嬉しいですよね。

ブログも、youtubeも初期費用が0円、また機材無しでも始めることができます。
パソコンとスマホがあれば発信することができます。

すんげー時代...

また、「一定数先人がいる」に関して
一番ベストなのは、だれもやったことがないフィールドで無双することなのですが
本当に初心者の人がいきなり「自分らしさを出す何かをやれ」なんか言われても右も左もわかりません。
そんな方法ではなくて、初めは先人の通ってきた道を辿って、少しずつオリジナリティを出していく方が着実に進めていくことができます。
これもまた、「何もわからなくて行き詰る」というリスクを軽減していますね。

ダメだったら次にいけばok

 

と、ここまで自分らしさを出すためにできることを話してきましたが、

時には当たらない事もあるでしょう。誰にの需要にも当たらず空回りしてしまうパターンですね。

 

世間の需要が全くこちらの供給に興味を示していなくて、意味がないと感じることもあるでしょう。
というかそっちの方が多いと思います。

これはうけるべ...

 

と、自信満々に何か策を打ち出てもリアクションは0なんてことよくあります。

しかし、大事なのは挑戦しまくってヒットするものを探すことなので

失敗自体は問題がありません。

 

そんな時はさっさと次の挑戦をするだけです。

転んでもただでは起き上がらず失敗から何かを学んで次に向かいましょう。

まとめ

 

自分らしさ、アイデンティティを確立するためには色々な試行錯誤をしなければなりません。

自分らしさを探していきましょう!

 



人気記事セレクション

1. 話題のセブ島0円留学(AHGS)に行った!(授業内容や現地の生活
2. 飲食バイトはきつい? ホール、キッチンどちらも経験した身からすると...
3. おしゃれじゃない大学生がアパレルバイトをしたとっても大変だった話
4. コンコルド効果を知っておけばソシャゲやパチンコの沼にハマらないのでは?
5. ハリポタ?スコットランドヤード?イギリスの構成国の魅力を伝えていきます。

おすすめの記事
SponsoredLink