※終始一貫性がない文章なので適当に流してお読みください。

※就職編、ブロガー界隈編、編入界隈編の3点でお送りします。

 

「深夜テンションで」って書くことですべてが許されるような気がする。まだ深い夜ではないのですが見逃してください。

 

さて、最近思うことがあります。

 

「俺、就職すんのか??」

 

いや、別に「ブログ収入やべぇwめっちゃ稼げるw」とか「絶対働きたくない...」という訳でもないのですが

なんだか就職している姿が目に浮かばないんですね。

というのも、今年の収入源は治験バイトだったり、リモートのバイトだったりで、人と接することで得た収入がほとんどないんですよ。

大学1,2年生の頃は飲食バイトやアパレルバイトで色々な人とコミュニケーションを取る仕事をしていたので

「働くってこういうことなんだなぁ」なんて思っていましたが、

今年は一切そういうバイトをしていないので"普通"に働く図が見えていないようです。

 

うーん、どうなんだろう。。

 

 

僕はこれから大学4年生になります。

大学院までいって研究しつつ卒業できるまでに、安定した副収入を手に入れることが目標なのですが、、

僕が3年間をどう使うかですよね。。それはそう。それはそうなんだけど、

3年間って不思議なもので、中学高校と同じ期間なんですよね。

あの頃って毎日が目まぐるしく忙しくて、毎日が違う毎日だった覚えがあります。色褪せない毎日っていう表現がよく使われますが

本当にその通り。

ただ、大学に入ってからの3年間って、いや、2~3年生からかな、なんだか似たような日の繰り返しと言うか

新しいバイトを始めるにしても新しいことを勉強するにしても、大学1年生の時に一気にぶわーっと"新しい"に振れ過ぎたせいか、

慣れてしまって刺激がない気がします。

 

 

それを考えると、これから僕が過ごす3年間はどうなるんだろうって思う所があります。

純粋に新しい経験は色々できると思うのですが、やっぱり、あの頃のフィーリングで感じれないですよね。

フィーリングなんて言っちゃって...て思った人いるでしょ。僕も思いました。てかフィーリングで感じるって頭痛が痛いみたいじゃん。

 

まぁそれは置いといて、後は、何に触れよう。。

 


あぁ、そうだ、ブロガー界隈についてです。

僕はTwitterのアカウントを3つ持っています。前の大学のアカウント、今の大学のアカウント、ブログ用のアカウント。

当然ですが、それぞれのアカウントではフォローする人のタイプが違うので異なる情報が入ってきて

それらが僕の中で衝突を起こしているから最近悩んでいるのかもしれません。

 

おっと、ブログ界隈についてでしたね、急な自分語りをするところでした。危ない危ない。

今年は、某有名インフルエンサーが「ブログはオワコン、時代はヨウツベ」なんて言ったり、

ベジシャワーのアフィリエイターさんが炎上したり、界隈では色々なことがありましたね。

 

ブログはオワコンに関して

テキスト文化から音声、動画文化に代わっていってるという高知県出身のブロガーさんの言い分は分かります。

僕もブログを始めるまでは、テキストなんて全然読まなかったですし、動画や音声の方が楽に理解できるので

そっち側の人間でした。そう、動画とか見るときってあまり頭を使わなくても理解できるんですよね。そこそこ。

それが音声や動画の良さなんですね。

 

ベジシャワーに関して、

あの時は、「アフィカスはクソ」なんて普段から言ってるような方々から非難轟々だったようです。

もちろん、その職に就かれている方から「誤った情報を流さないでください」とのお怒りのリプライも見受けられました。

そりゃあ怒りますよね。自分の職に関する事で誤った情報が流れていて尚且つ経済的被害を食らってしまう可能性があるものなら、もうぷんぷんですよ。

 

また、個人的に一番影響を受けたのは「同年代の人がブログでめっちゃ稼いでいる」とか「ブログ×エンジニア×英語」といったような僕の理想像の人たちです。彼らくらい稼げるようになりたいですね...

 

さぁ、後は何があったかな、、

 


そうそう。編入ブログに関してありましたね。

とある方が"Amazonのギフト券あげるので、編入体験記を寄稿してください"というツイートをしていました。

自分でサイトを作って、そこにあらゆる人の体験談をまとめることで後輩たちに

もっと情報を得やすい環境を作ってあげようという意図の元でやっているのなら、

金銭的なやり取りがあろうと破産しなければ全然やればいいと思いますが

 

自己満足で終わるものならあまりやることはお勧めできないなぁと。

自分のモノだけを扱っているサイトなら自己満足で終わったところで誰にも迷惑をかけませんが、

他人のモノを扱っているサイトで私情が入ると色々と問題が起きそうなんですね。

自己満足⇔私情が入る というのは議論の余地がありますが、"管理者としての意識が低い"と表現すると分かりやすいかもしれません。

 

例えば、サイト運営者の信用が著しく低いと、サイトのコンテンツに影響を及ぼしかねません。

善意から投稿してくれた人の体験談に対して「この運営者の元にある体験談って信用できるの...」と思う人が少なからずいます。

分別のある人なら、その体験談と投稿サイトの信用が必ずしも相関しているわけではないとわかると思いますが

それが分からない人は多くいます。

 

 

 

「日大の生徒が電車内で寝っ転がってた」 RT100: Fav 5000

 

~コメント~

日大本当にダメだね

日大の生徒ってこんなのばかりなの?

たしかに、前にタックル事件もあったしね..

 

 

以前、こんなツイートを見かけました。

 

一言で言うなら、「例外でばかりでモノを語るなぁ」ですよ。

なんか、なんかね、なにかと「やらかした人」と「その所属団体」を非難したがる人多いですよね。

 

でも、普通は関係ないですよね。その学生一人がおかしな行動をとっただけで何で団体を非難するんだろうねって感じですよ。

極端な例を挙げるとするなら、

僕が全裸で電車に乗って持ち込んできた七輪で焼き肉をしているのをTwitterで流されても

 

これだから〇〇大の学生は...

なんて言われるはずがないんですよ。さっきの日大ツイートも同じことです。

 

 

でもでも、中学生くらいの頃って"学外に行くときは〇〇中との生徒の自覚を持った行動をしてください"って言われましたよね。

更に「あなたの行動は中学校の評価に関係します」なんても言われましたね。僕がいったことを真っ向から否定されてしまいました。

考えてみれば、中学校は教育機関なので学生の質はその学校の教育の質だと思われても仕方なかったりもするんですかね、

 

 

おっと、また話が飛んでしまった。

編入界隈の「サイト運営者の信用とコンテンツの相関」についてでしたね。

今話したように、本来は関係のないモノでも関連付けて考えられてしまうことが少なからずあります。

なので個人的な欲求を満たすだけのためにサイトの運営をすると、せっかく投稿してもらった体験談の価値を落としかねません。

まぁ、かといって「どうせあいつはすぐやめるよ」なんて外野が

あーだこーだいっても仕方ないでsuga...

 

 

 

 

 

さて、そろそろ大学の期末試験の時期なので年末までブログ更新は休止することにします。

今月の目標更新記事数が10なので、オールオッケーです。落ち着いたら再開しやす。駄文にお付き合いいただきありがとうございました。





人気記事セレクション

1. 話題のセブ島0円留学(AHGS)に行った!(授業内容や現地の生活
2. 飲食バイトはきつい? ホール、キッチンどちらも経験した身からすると...
3. おしゃれじゃない大学生がアパレルバイトをしたとっても大変だった話
4. コンコルド効果を知っておけばソシャゲやパチンコの沼にハマらないのでは?
5. ハリポタ?スコットランドヤード?イギリスの構成国の魅力を伝えていきます。

おすすめの記事
SponsoredLink