みなさん、バイトしてますか?

 

「大学生になったしこれからしようと思っている」

「バイトしないと周りからの目が...」

「勉強と遊びに専念したいから奨学金で賄おうと..」

「バイトしないとダメって言われる...」

 

バイトをするのには様々な理由があると思います。

お金がないから、社会経験を積みたいから、周りもバイトしてるから、etc...

 

この記事を開いた人はきっとこんなことを考えているのでしょう。

お金があればバイトしなくても良くない??

 

卒業したらどうせ働くんだしバイトしなくて良くない??

 

やりたいことがあれば、周りに合わせてバイトする必要なくない??

 

あるいは、これから大学に入学しようとしていて

親からの仕送りで生活をするか、バイト代で生計を立てるか悩み中の高校生かもしれませんね。

 

以前、こんな記事を書きました。

 

この記事でも書きましたが、バイトは必ずしも ただ時間を消費するだけのモノではありません。

自分のレベルアップを見込めるバイトもありますし、普段出会えないような人と会えるバイトもあります。

 

だからと言って、「学生はバイトをするべきだ」「バイトをしない学生はダメだ」なんて意見に繋がるとは微塵も思いません。

 

今回の記事では、バイトをしないことについていくつかの観点から考えてみました。

バイトを する/しない の参考にしてもらえれば..!!

2~3分で読み切れます!

 

なぜバイトをしないと悪だと言われるのか

そもそも何で「バイトをしない=悪」なんだ??

 

原点に振り返って考えてみましょう。

バイトをしない=悪

だと言われるのはなぜなのか。

 

よく見受けられる意見についてまとめて、最後にそれらに対する反論を話していきます。

 

自分で生計を立てる努力をしていない

君さ~、大学生にもなって自分で生計立ててないの??

 

こんなことを言うおっさんがいます。

確かに、バイトをしないでやっていけるというのは、親からの仕送りがあったり、奨学金を借りているおかげかと思います。

中には、個人事業主で 自分で稼いでるからバイトをしなくて済む人もいるかもしれません。

(そもそもそんな人は「バイトしない=悪」なんて気にも留めない人だと思いますが)

 

そんな特殊な場合でない限り、バイトをしないで生きてくためには先ほど言ったような援助を受ける必要があります。

それに対して「大学生なのに自分で生計立てないの?」と煽る人がいるわけですね。

 

社会経験を積めない

君さ~、社会に出る前に社会経験しなくていいの?

 

大学生と言う身分は便利なもので、自分の身を置く環境次第で子供としても大人としても扱われます。

バイトをすれば当然、社会の一員としての責任が生じます。自分で考え自分で判断を下します。

ボーっとしていても情報が入ってきたり、言われたことをすれば良かった中高時代とは異なります。

 

「社会経験を積む」というのは、大学生が意識を子供→大人に変えていく過程にあるモノとして挙げられているのかもしれません。

 

就活で不利に働く

君さ~、バイトしないで就活上手く行くと思ってんの??

 

テレビでよく見ますよね。

「バイトリーダーをした経験を元に...」

「バイトでは仲間と共に仕事を...」

「バイトで培った...」

 

何かのドラマで、バイトの経験を熱く語るシーンを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

果たしてこれらは、本当に就活で役に立つのでしょうか。

 

バイトをしない=悪 ではない

反対意見(にありそう)を取り上げたわけですが...

 

こういった意見があっても、僕は 「バイトをしない=悪」ではないと思います。

 

  • 自分で生計を立てる努力をしていない

うちの家計の話だから関係ないでしょ^^;

 

  • 社会経験を積めない

社会に出てから十分積めるでしょ

 

注意点として

バイトする時間を惜しんでさえやりたいことがある場合は生計や、社会経験についてこういった見解を示しますが

 

ただただグーたらしたい、何も生産しない日々を送りたいと言った考えを持っているのなら

バイトをしないことは圧倒的に悪だなぁと僕は思います。

目的のない大学生活を送るくらいなら、自分で生計を立てて社会経験を積むくらいはやった方が良いと思いますよ(突然の手のひら返し)

 

「他にやりたいことがあるのに、バイトをしなければいけないのか」と思っている人に向けてのメッセージとして受け取ってもらえたらなと思います。

 

  • 就活で不利に働く

就活をしたわけではないので、断言はしません。

 

例を挙げます。

僕はバイトリーダーとして多くの人をまとめてきました。

私はサークルに精を出し、活動範囲を広げました。

あのさぁ...似たようなアピールばっかりなんだけど

 

人事は↑こんなことを思うのではないでしょうか。

思うに、就活で大事なのはオリジナリティです。自分らしさをアピールできなければ大多数と同じ評価です。

 

バイトをやる事よりも、自分らしさを出す方法はいくらでもあります。

プログラミングでWEBサービスを作ってみる

自分の体験を発信するためにブログを書く

お金周りに詳しくなりたいので税の勉強をする

 

あなたが理系で技術職に就こうとしているのなら、間違いなく能力が重視されはずです。

企業からすれば、一般的なバイト経験がないけど開発経験豊富な学生がいたらめちゃくちゃ欲しいでしょう。

 

バイトをしないことによるメリット

 

ここで、バイトをしないことによるメリットを挙げていきます。

 

時間ができる

先述しましたが、時間を(自分にとって)有意義に使えます

 

他の人がバイトをしている間に自分のやりたいことをやって、専門性を付けていくことができます。

いわゆるスキルアップや自分磨きに時間を費やせます。

 

自分で稼ぐという感覚

 

バイトをしないで生計を立てるというのは、おおよそ "親からの仕送り" "奨学金" の2択になりますが

稀に"自分で稼いでいる"と言う人もいます。

 

むしろ、 自分で稼ぎたいからバイトに浪費しない という考え方を持っている人も多いかもしれません。

バイトをしないことでそういったマインドセットをもって自分で稼ごうとする姿勢を磨けるのは良いと思います。

大学生が自分で稼ぐって言ったら、起業するとか、事業を始めるとか...

色々な方法がありそうだな~

 

 

興味のないことに費やす時間が減る

 

バイトをしている人は、必ずしも興味があってそのバイトをやっているわけではありません。

コンビニの店員の仕事が楽しくてやっている、飲食店で配膳するのが面白くて仕方がない、という人は見たことがありません。

 

つまり、興味のない事への時間の投資をしている人が多いのは確かだと思います。

バイトをしないことのメリットの1つとしてこういった"興味のない事"を生活の中から減らせます。

 

バイトをしないことによるデメリット

メリットばかり挙げられてもなぁ

 

と言うことで、デメリットも紹介していきます。

 

安定した収入がない

 

安定した収入がありません。

バイトをしていれば時間の対価に給料をもらえます。

シフトにさえ入ればお金が入るので収入は比較的安定していると思います。

 

しかし、バイトをしなければ収入はない。。お金も自分で生み出すしかない。。

不安定な収入に耐えられるか問題...

 

人間関係が広げずらい

 

バイト先の先輩と付き合っちゃった...♡

 

バイトをしなければこんなことは起きません。

 

サービスする側の経験ができない

 

これは、僕が経験した「飲食」「アパレル」等のサービス業バイトに関してですが

サービスする側の経験は貴重だったなぁ

 

先ほどの「社会経験うんぬんかんぬん」に通ずるところはありますが

サービスする側の経験をすることで、色々な人間がいることを知れます

 

詳しくはバイトの記事を読んでください。

 

まとめ

 

生計が立てられて、大学生活を実るあるものにしようとする意志があるのなら

バイトなんてしなくてもいいと思います。

 

かといって、「グーたらするならバイトしろや!」なんて過激なことは言いませんが

時間は有限なので頭使ったほうが...イイとも思いますよ。

バイトが目的なのか手段なのか、考えんと...

 



人気記事セレクション

1. TED Talksで英語学習をするのは割とおススメなのでやってみて欲しい!
2. 都会の大学か田舎の大学か、どちらも通った僕がメリットを挙げてみた
3. 人の話を聞いて一発で理解できない理由を考えてみた。
4. 1週間に渡る研究室バトルに決着がついた話
5. TOEIC860点の人間が英語力がどれくらいなのか調べてみた。診断サイトと言えば...

 

おすすめの記事
SponsoredLink