思うにYoutuberは2種類いて"キャラクターでファンを付ける人"" 内容で勝負をする人"

ブログ界隈の方々はキャラクターではなく内容で勝負しているイメージです。

 

2種類のYoutuber

ブログ界隈の人は内容で勝負する人が多いイメージ

 

彼らの投稿しているビジネス系動画"どんなキャラクターの人"がビジネスについて解説しているかは

さほど重視されていなくて"どんな内容"が話されているかが重視されています。"内容"で評価されます。(大前提に実績は必要)

 

それはそうだけど、普通のYoutuberもそうじゃない? 企画がつまらなかったら、、

いや、それは違くて...

 

一般的なYoutuberと、イケハヤ氏などのビジネス系Youtuberで根本的に違うのが「視聴者の意識」だと思っていて

前者「動画に時間を消費している」後者「動画から情報を吸収している」

という所にあります。

 

 

なんか面白い動画ないかなぁ~

 

という人に対しての動画は腐るほどあります。

 

 

〇〇について知りたい!

 

という人に対する動画、いわゆるビジネス系の内容で勝負する動画はまだブルーオーシャンです。

 

こういった人に対して不正確で人間味の強い(主観が強い)動画は求められず、factとhowが重視されます。

 

ビジネス系Youtuberが必要な「内容の重視」というのは、その人のキャラクターが重視されるのではなく、factやhowが大事ということです。

 

逆に、キャラクター重視のyoutuberは企画が成功するかしないかは問題ではなく、見ていて楽しいかどうかが重視されます。

バラエティ番組みたいな

 

つまり、極端に言ってしまえば、ただトークしているだけでも再生数は稼げるということです。

 

キャラクターでファンを付けるyoutuberの数は非常に多いですが、ビジネス系のyoutuberは少ないように感じます。

 

よって、ある程度の知識があるブロガーがこぞってYoutuberに移動しているのだと思います。

(後述しますが、テキスト文化から動画・音声文化に移行する流れがあるというのも要因)

 

キャラクターでファンを付けるYoutuber

 

キャラクターでファンを付けるYoutuberは

一般的に、Youtuberとしてある程度の人気が出ればコンテンツへのウェイトが下がるような気がします。

極端に路線変更でもしなければ人気が下がることは無いでしょう。

 

テレビ番組で好きな俳優さん、女優さんが出ていれば多少つまらない企画でも見てしまうのと同じです。

その人が出てる動画だから見る、その人の企画だから見ると言った風にキャラクターにファンが付くということです。

 

この手のYoutuberの動画の検索されやすさと再生数は関係ないと言っても過言ではないと思います。

その人の違う動画も見たくなるやつね!

 

例えば、僕の好きなYoutuber、はなおさんの動画

 

 

考えてみ、検索窓に「東大生 理系風 注文」なんて入れないやん??

 

にもかかわらず、この動画の再生数は間もなく1000万回を超えようとしています

"キャラクターでファンを付ける"タイプのYoutuberはこういった利点があります。

 

若者はTVを見なくなったといっても視聴者の意識は何も変わっていなくて、ただ単にYoutubeの方がアクセスしやすく、

時間的、物理的に融通の利く媒体なので、そちらに移っただけ.

自分の好きな芸能人が出ている番組だけをピックアップして見れるのがチャンネル登録機能だと思います。

 

内容で勝負をするYoutuber

 

それに対して、内容で勝負するビジネス系Youtuberはキャラクター作りよりも内容を重視されます。

人は原則「何を言ったか」よりも「誰が言ったか」を重視しがちなので、スタート段階では、ある程度の肩書は必要でしょう。

 

彼のような肩書が豊富な人間であれば、その道における動画を出せば説得力もありますし、

コンテンツの価値は十分にあると思いますが、そうではない人が"内容で勝負"できるかと言われたら、難しいと思います。

 

雑記ブロガーはYoutubeで生きていけるの?

 

それだったら、専門的ではない「雑記」タイプの動画を取ればいいやん

 

と、言う風に思うかもしれませんが

 

果たしてそういう内容を動画で見る人が増えていくのでしょうか?

 

たしかに、テキスト文化(ブログ)から、音声や動画コンテンツへ移行しつつあることは分かりますが、雑多な内容のモノを

視聴者が検索するのかという話です。

 

例えば、僕のブログで検索数が多いこの記事

朝食抜き...

 

みなさん、Youtubeで朝食抜きって検索しますか?

 

僕はしません。しませんが、好きなYoutuberが「朝食抜き生活をしたらやばすぎた」という動画を挙げていたら

見ると思います。

 

何が言いたいかというと.

 

ブログや、ビジネス系Youtuberは検索流入が重視されていましたが、

"キャラクターでファンを付けるYoutuber"は違います。これは間違いない。

 

現時点でこのタイプのYoutuberに重視されているのは検索流入よりもキャラクター作りだと思います。

人格を使い分けろとかそういう話をしているのではなくて、"この人の動画だから見たい"という意識を視聴者に持たせること...です。

 

それを考えると、普通の人がYoutuber市場にさっさと出て行ってファンを付けていくのが大事であることは納得です。

 

あれ、ブログはオワコン、#動画撮れの批判するつもりだったんだけど..

 

テキスト文化から音声・動画コンテンツへ

 

僕は昨年の夏休みくらいからYoutubeをよく見るようになったのですが

 

テキストで事足りる内容を動画で検索することはありません。

 

英語 発音 コツ

フィリピン 観光

 

こういった音や景色をより具体的に知りたいという動画の強みを生かせる検索はYoutubeでやる価値は十分にあると思うのですが

 

〇〇 おすすめ

朝食抜き どんな感じ

早寝早起き 健康

 

〇〇 おすすめ 系のレビュー記事は辛うじて動画で検索する価値があるかもしれませんが

下2つのような動画でも音声でもテキストでも変わらないような内容を動画で見ようとする人がいるのか?って話です。

確かに、テキストは動画や音声より頭を使わなければいけないから
ユーザー離れは進むかもしれないけど

 

そういった"テキスト"で十分表現できる内容はブログで生き残りそう

 

だと思っています。

 

まとめ

 

とはいっても、世の中の流れというものは分かりません。

イケハヤ氏が言うように、あらゆる情報吸収において、音声や動画を使うのが常識になるかもしれません。

 

まだビジネス系Youtuberが多くないから、
Youtube市場が広がってきているのにも関わらず、狙ったワードで上位を取れるんだね

 

 

先ほども話しましたが、物事を理解するのに、テキストよりも動画や音声の方が楽という感覚はあると思います。

それでは、なぜ今まで動画や音声の流れが来ていなかったかと言えば、そもそもプラットフォームがなかったり

限定的な環境でしか利用できなかったり、制約が多くあったからです。

しかし、技術の進歩(雑)によって、そういった制約はなくなってきています。

より頭を使わないで生きていける世界に近づいている(?)

 



人気記事セレクション

1. TED Talksで英語学習をするのは割とおススメなのでやってみて欲しい!
2. 都会の大学か田舎の大学か、どちらも通った僕がメリットを挙げてみた
3. 人の話を聞いて一発で理解できない理由を考えてみた。
4. 1週間に渡る研究室バトルに決着がついた話
5. TOEIC860点の人間が英語力がどれくらいなのか調べてみた。診断サイトと言えば...

 

おすすめの記事
SponsoredLink