そういえば、自分のセンター試験について記事で触れたことがなかったなと思い、

また、記事のネタがないので自分のセンター試験について振り返ろうと思います。

 

 

 

冗談です。ネタがないという訳ではありません。

もしかしたら読者の中に「こいつ編入に関して偉そうなこと言ってるけどセンター試験どうだったんだろう」と気になっている人が少なからずいるだろうと思ったからです。

 

もう3年前か...懐かしいなぁ

 

センター試験当日

 

「今日のお弁当はかつ丼にしようか?」

 

たしか、朝起きたときの母の第一声がこんなものだった気がします。

3親等内に大学生、大卒がいない僕の家系にとって、大学受験のすべてが目新しいもので

思えば、気を使って「滑る」という言葉を使わないようにしていたり、「夜食作ろうか?」と大学受験のドラマにありそうな、普段だったら言わないようなセリフを言ってくれたり、「大学受験」という未知に対する不自然さによる緊張がこちらに伝わってくるような受験生活でした。

 

 

「今日のお弁当はかつ丼にしようか?」

 

あの...部活の大会ではないんだけど..

 

大会のお弁当にかつ丼は大歓迎ですが、センター試験の昼にガッツリかつ丼なんて食べてしまったら午後眠くなってしまいます。

もちろん、母が応援してくれているのは分かりましたが、なんだか不器用というかテンプレート感がとても強いなと思った朝でした。

 

 

 

高校からバスで30分くらいの所にある大学でが会場でした。

比較的近くだったので、前日入りとか早朝に起きる必要もなくいつも通りのリズムで朝を迎えられました。

 

 

皆ソワソワしてんなぁ...笑

 

とか言いつつ、自分が一番ソワソワしてました。ドキドキドキドキ。

いやぁ、懐かしい。本当に振り返るのが久しぶり過ぎて楽しいです。

 

大部屋の待機室で各自弁当を食べたり最後の復習をしていました。

僕の隣に座っていた子は小学校からの幼馴染でうるさい子(褒めている)だったので、変に緊張することはなくて

いつも通りのペース、テンションで待機時間を過ごせました。

 

1学年240人くらいを収容する大部屋だったので(確か)静まり返ることはほとんどなくて常にざわざわしていました。

 

中には廊下に出て集中力を高めている人、トイレで集中力を高めている人、音楽を聞いて集中(略

 

きっと、このいつも通りな感じのおかげでいつも通りに試験を受けられました。

よく言われる「緊張で頭が真っ白になって、全然解けなかった」という科目は1つもなかったので、環境とか周りに助けられたなぁと思います。

 

それでは、試験について振り返っていきますね~

 

 

科目ごとの手ごたえと得点

 

今ですね、成績開示の通知書がなぜか手元にあったのでそれを見つつ振り返っていきます。

なんで今手元にあるかというと、年末年始に実家に帰った時「そのうち記事でセンターについて書きそうだな」という直感が働いて気づいたら手に取っていました。

 

ナイス直感でした。

 

それでは、各科目の手ごたえ、最後に得点を話していきます...!!

ワクワク...

 

 

地理B

ガチで苦手だった

 

世界のことをもっと知りたい欲求はあったのに、なぜか地理は苦手でした。

暗記要素がとても強い気がしていて、なおかつ想像力を働かせなければいけなかったので難度の高い科目でした。

かなり時間はかけたのに成績は最後まで上がらず、高校3年生の初めの頃とあまり変わらない点数を取った気がします。

 

本番、問題を解いた手ごたえもいつも通りって感じでした。運が悪ければ40点くらいだし、調子が良ければ70点くらいいくかなぁ..という。

 

 

国語

国語は...あれだよね

 

国語は点数の起伏が高い科目で有名ですね。

古典に関しては、ある程度勉強すれば得点が安定する気がしますが現代文が本当に難しい。

周りで2人くらい、現代文にめちゃくちゃ強い友達がいて彼らはテクニックを使うというよりは、本当に読み解いて直感的に答えてそれが正解していました。

 

対する僕はあまり得意ではありませんでした。しかし、先述の通り、得点の起伏が高い科目なので調子が良ければ8割取れることもあって、得意ではないというか掴めていないという感じです。

 

センター試験の一ヶ月くらい前に、センター直前模試みたいなのがあって、その時に国語で200点中の90点を取ってしまって

絶望していたのを覚えています。

 

 

本番、とても解きやすい古文から始めたのが正解だったみたいで

とける...解けるぞ....!!

 

集中力Maxで最後まで解けたのでいい点が期待できそうでした。

 

英語

これは得意!!

 

英語は得意でした。いや、もう満点を取る気でいました。

というのも、授業内でセンターの過去問を解いていたのですが、悪くても9割で調子が良いと198点だったりもしたので十分に勝機はあって、よっぽどミスらなければ9割は堅いと思っていました。(フラグ)

 

 

本番、いつも通りの調子で解けたので9割はいったなと確信していました。

 

数学Ⅰ・A

う~ん...まぁまぁ

 

数学は普通でした。60~80,調子が良ければ90点に乗れるかどうか、くらいの実力でした。

 

本番、間違って数学Ⅰを解かない事だけを目標にしていたのでどれくらいの手ごたえを持っていたかあまり覚えていませんが

さほど絶望していなかったので、70点くらいは取れた気がしていました。

 

 

数学Ⅱ・B

これは地獄

 

数学Ⅱ・B 、平均点3?点事件を皆さんはご存知だろうか。

詳しくは覚えていないのですが、僕がセンター試験を受ける前の年、数学Ⅱ・Bが激難化し、平均点が30点台だった記憶があります。

 

前年からの流れで難しい問題が出るのではないかと、びくびくしながら問題用紙を開いたのを覚えています。

 

結果として、平均はさほど低くはありませんでした。

 

がしかし

 

 

本番ベクトルの問題が全然分からず、初めの2~3個しか埋められなくて絶望しました。

時間ギリギリになっても答えは出なかったので、とりあえず一番答えにありそうな「2」。。だったかな...

何かの数字を入れまくって神に祈るしかありませんでした。

 

 

 

化学

まぁまぁ得意くらい?

 

そこまで苦手意識はなく、80~90くらい取れそうな気はしていました。

暗記要素が強かったので本番であまりミスをすることはないでしょう。

 

 

と思ったんですが

 

本番、たしか...普段よりも大問数が多くて最後の1題に手を付けないで提出してしまいました。

思ったよりも早く終わってルンルンしていたら、最後に1題残していたという...

 

理科が終わり、周りと話していたらそれに気づいて悲しくなりました。

 

 

 

物理

好きな科目だった!

 

物理教員の教え方がめちゃくちゃうまくて、僕らの学校の物理は県内の自称進学校の中ではトップクラスの成績だったらしいです。

解ければ楽しいので、それは楽しくなりますよね。

 

本番、まぁまぁ解けた。。。気はしていました。

 

各科目の得点

それでは各科目の点数発表~~~

 

 

 

過去最高得点ではあるけど...目標の80%には遠く及ばず。。

 

681/900=75%

 

ということで、結果は75%でした。

目標としていた大学に出願するには80%は必要だったので微妙な表情で自己採点を終えたのを覚えています。

 

出願した大学

ここはよく考えた方が良い...

 

仮に、センターで80%を取れていたらおそらく東北大・工学部に出願していたと思います。

しかし、75%程度では2次力によっぽど自信がないと戦えません。

 

なので、また大学選びをやり直しました。

 

本当に何を指標に受験先を決めて良いのかもわからず、無意識にパニックになっていたのか

なぜか文系学部の千葉大学国際教養学部に出願することにしました。

 

もちろん、英語が好きで大学に入ってからも勉強しようとは思っていたのですが

なぜかこのタイミングでその気持ちが強くなって、本能のなすがままにこの学部に出願しました。

 

文系学部とはいうものの、理系科目での受験もできるのでいわゆる文理融合の学部です。またその学部は僕らの代に初めてできたというのもあって、パイオニアになりたかったのかもしれません。

 

後期はもう本当に適当で、地元の大学の理工学部に出願しました。

前期は落ちないだろうという謎の過信があったからですね...

 

敗因と勝因

結果を言うと..

 

結論、千葉大学には落ちました。

 

敗因としては、英検準1級を持っていなかったことです。

ここでは、英検準1級を持っていると2次試験の英語が満点換算されるというチートルールがあるので

それをカバーできる能力がないものは簡単に振り落とされます。

簡単に振り落とされた...

 

 

それで、後期の某手大学理工学部を受け、無事に合格できたという話です。

こちらの勝因は、特に思い当たらないのですがセンターで大体勝負が決まる所だったので

落ちる要因はあまりなかったのかと思います。

 

まとめ

本当に懐かしいなぁ

 

 

もしもこの記事を読んでいる人の中で、受験生がいるのなら

最後諦めずに頑張って下さい。2次の割合が高いところではセンターでちょっと失敗しても巻き返せますし

自己採点ミスってるのに気付かずに出願してくる人もいます。落ちても受かっても後悔しない受験校選びが大事です。

 

From ...3年前に敗北した者より...

 

 

おすすめの記事
SponsoredLink