人生の夏休みをどう過ごすかでその後が変わることを知っておけば強いって話

 

「大学生は人生の夏休みだから....」

「学生の間しか遊べないからね」

「大人になる前にやりたいことはやっておこう」

 

こんなセリフを聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

 

確かに大学生は時間を持て余しています。

驚くほどの時間があります。

 

どうせ、大学3,4年生になってからでしょ?

 

大学1,2年生でも十分にあるんだよ~

 

学年が上がるにつれて、講義の数が減っていき自由な時間が増えるというのは間違いありませんが、

大学1,2年生でも授業の入れようによっては、平日1日休みになる事も十分にあり得ます。

 

 

 

しかし、これだけの時間を

 

遊びに費やすべきと思っている人っているんですか??

 

 

語弊がありそうなので訂正しますが遊び"だけ"に費やそうとしている人がいたら要注意です。

 

大学生は!!人生の夏休み!!!夏休みに遊んで何が悪い!!!

 

大人になってからでも遊べるから!せっかくの時間を有効活用しようよ!!!

 

 

 

現在大学3年生の僕は、授業が週に2コマで他は全部休みです。

2月の中旬になれば春休みに入るので、「人生の夏休みの春休み」に入ります。

 

この記事を読んでいる多くの大学生も1~2ヶ月の長い長い春休みが待っていることでしょう。

課題もない。学校もない。何からの縛りもない長期休み。バイト戦士はお疲れ様です。

 

 

 

さて、ここからがようやく本題です。

 

人生の夏休み.....の春休み、どう過ごしますか?

 

 

遊ぶだけの大学生活を終えた先に何が残っているのか考えたことはありますか。

小中学生の頃、夏休みの前後でめちゃくちゃ変わってくる人とかいませんでしたか。

夏休み中に何もしていなくて、終わる直前に焦ってバタバタするのはもう嫌でしょう。

夏休みで自分を変えようよ!って話

 

 

まとまった休みだからこそのおススメの過ごし方をまとめてみました。

 

 

起きよう

長期休みは、生活リズムが崩壊しやすいんだよね

 

これは僕自身の体験談からきているのですが、長期休みで予定がない日が2~3日続くと一気に生活リズムが崩れます

そして、 午前中が消滅します

朝起きたら、もう昼です。もはや"朝起きたら"ではないです。

 

8時間睡眠ができれば十分です。

起きて、活動時間を延ばして圧倒的成長する長期休みにしましょう。

(わざわざ見出しにするほどでも...)

 

 

本を読もう

読書で教養をつけよう

 

教養のない大人になりたくないので、最近は本を読んでいます。

というか、気づくのが遅すぎました。もっと早い時期から本を読む習慣をつけていればよかったなと思っています。

 

先述しましたが、現在大学3年生です。もうすぐ4年生になります。

大学1,2年生の頃も本は読んでいましたが自己啓発書を数冊読んだくらいで、他の分野の本は読んでいませんでした。

 

本を読むうえでおすすめなのが 「自分の専門外」の分野の本を読むことです。

専門がはっきりしていない人は、今まで興味を示さなかった分野で良いと思います。

 

例えば、僕の専攻は情報学なのですが「経済学のミクロ入門」の本を読んでみたり

「漫画で分かる古事記」という古典的なものや、「これから正義の話をしよう」という哲学書など...

 

教養が増えるほど、会話のタネもや相手との共通項も増えていきます。

 

大学1年生の頃は「教養は合ったらいいな」くらいの感覚だったのですが、ここ最近自分の教養のなさに驚いてばかりなので

本を読んでいるという訳です。

 

これからいろんな本を読んでみたいという人にはKindle UnlimitedというAmazonのサービスがおすすめなので

良かったら使ってみてください!

 

資格を取ろう

就活にそこまで影響するかって話ではなくて...

 

就活をしていない僕が言うのは説得力0なので、聞き流してもらいたいのですが

資格で就活を無双できるかといったらそうではないと思うのが僕の本音です。

 

もちろん、高度な国家資格があれば別ですが合格率がそこまで低くない資格を複数持っていてもあまりいい効果はないのではと思っています。

聞き流してもらってダイジョブ

 

 

そんな僕がなぜ"資格を取ろう"と言うのかというと...

 

興味の範囲が広がるからです。

もしくは、広がりかけている興味をもっと広げられるからです。

 

"資格を取得する事"を目的にするのではなく、"面白そうだから勉強してみる"にすると一気に気が楽になります。

その過程に資格取得があるくらいでいいと思っています。

 

ざっくりと"お金"に興味があるのなら簿記やFP(ファイナンシャルプランナー)の勉強を始めてみればいいし

ざっくりと"パソコン関係"に興味があるのなら、基本情報技術者や、ネットワークスペシャリストなどの情報系の資格の勉強をしてみるといいです。

 

もちろん、資格取得の勉強を始めてみて「あんまりおもしろくないな...」と思ったらやめてしまえばいいのです。

なぜなら 資格取得を目的としているのではなく 興味を広げることが目的だからです。

こういうモチベーションもありだと思うなぁ~!

 

 

ブログを書こう

本当にお勧め!

 

自分が今までやってきたことの中でも上位に食い込むお勧め度です。★★★★☆

 

ブログのおすすめポイント
  • 収益を出せる
  • 後から内省できる
  • 自分の考えを発信できる
  • 考えをまとめて言語化する能力がつく

 

  • 収益を出せる

 

自分で書いたブログを収益化できます。

 

僕の場合は変な商品を記事に書いて

「これはいいですよ~(・∀・)ニヤニヤ」

「メリットはこんなにありますよ~(デメリットは上げない)」

という悪質なアフィリエイトはしておらず、広告収入と商品レビューで収入を得ています。

 

成果が出るのには時間がかかりますが、一人で始められて量に比例して収益も⤴する楽しいゲーム感覚で収入が手に入れられるがグッドポイントです。

 

運営報告はこちらです

 

  • 後から内省できる

自分で考えたことを記事にすると内省ができる!

 

このブログでは、自分で思ったこと・考えたことも書いています。

 

こうした記事を書くことで、1年後,2年後の自分が見たときに

 

自分は大学3年生の頃、こういう考え方をしていたんだ...

 

 

でも今はこう思ってるんだよな、、何が俺を変えたんだろう、

 

と自分自身を振り返るきっかけにもなります。

 

 

  • 自分の考え、経験を発信できる

僕はこう考えています。

こういう実体験があるから気を付けた方が良いよ

 

自分の考えを発信することで、他人に影響を与えることができます。

 

僕自身、大学→大学の編入という珍しい体験を発信したことで

編入しようか迷っていた人の背中を押してあげていたり、情報収集の役に立って結果につながったという報告を何度か受けています。

これはシンプルに間接的にではありますが、人の役に立てた喜びがあります。

 

良い意味でも悪い意味でも影響力を持つというのは一つの武器になります。

 

例えば、将来自分のサービスや教材、本などを作った時にある程度のフォロワーがいれば

広告代を支払わずに多くの人に対して発信することができます

 

 

  • 考えをまとめて言語化する能力が付く

結局何が言いたいのか、自分でも分からなくなった、、

 

話していて、途中から自分でも何を言っているか分からなくなることってありますよね.

僕だけですかね。だとしたら悲しい。

 

僕は話している途中で「あれ、結局何が言いたいんだっけ」となることが多いのですが

ブログを書いていると、"いかに相手に伝わりやすく書くか"が大事なので自然と 言いたいポイントを明確にする癖がつきます。

それを言葉に落として記事にするので、テキスト上では言語化能力が高くなると思われ...ます。

 

プログラミングを始めよう

そんな構えなくてもダイジョブ...

 

まずはこちらをご覧ください。

 

こちらのサイトによるとIT業界の求人倍率は6~8倍です。

 

また、個人的にIT企業の社風も好きで

僕が今までで行ったIT系のインターンでは全て私服参加だったり、オフィスが広く抜けている空間だったりで自由度が高い感覚があります。

 

大学1年生から少しずつでもプログラミングを学んでおけば、卒業時には圧倒的余裕で就活ができると思います。

 

動画でオンライン学習できるUdemy

【ゼロから始めるデータ分析】 ビジネスケースで学ぶPythonデータサイエンス入門

マンツーマンで教えてもらえるCode Campなどが有名ですね。

現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】

 

大学1年の頃からちゃんとやっとけば良かった...

 

まとめ

 

「人生の夏休みをどう過ごすか」について話してきました。

夏休みなので過ごし方は人それぞれですが、その過ごし方次第で自分の将来は大きく変わることは確かです。

 



人気記事セレクション

1. TED Talksで英語学習をするのは割とおススメなのでやってみて欲しい!
2. 都会の大学か田舎の大学か、どちらも通った僕がメリットを挙げてみた
3. 人の話を聞いて一発で理解できない理由を考えてみた。
4. 1週間に渡る研究室バトルに決着がついた話
5. TOEIC860点の人間が英語力がどれくらいなのか調べてみた。診断サイトと言えば...

 

おすすめの記事
SponsoredLink