実家暮らしと一人暮らし、どちらも体験した僕がメリット&デメリットを挙げる

 

きっとこの記事にたどり着いたのは

これから新社会人になるんだけど、、実家から通えなくもないんだよね...

これから新大学生になるんだけど、電車に数時間乗れば大学にたどり着ける...

 

こんな人たちだろうと思います。

 

「一人暮らし」「実家くらし」は誰もが直面し得る問題ですね。

僕自身も大学1,2年生の時に親とこの話を何度もして、何度も自分の中で考えました。

 

 

「お金」「何もしなくて良さ」だけを考えると圧倒的に実家暮らしの方がお勧めなのは明らかですが

実際にどちらも体験してみたらそれを上回るメリットが一人暮らしにあったので紹介していきます。

 

 

すみません。社会人の事情はよく分かりませんが...

参考程度に読んでください!!

 

実家暮らしのメリット

取り敢えず、ありきたりな話からしていきますね。

 

食事・炊事・その他家事をする必要がない

これって君が怠惰なだけでは...

 

ふ、風呂掃除とかはしてましたよ!!

 

 

(基本的には)炊事や家事をメインでやる必要がありません。

 

もし大学生が読んでいたら分かると思うのですが、入学して初めての夏休み、高校の同級生と久しぶりの再会でかわす会話の中に

「いや、まじで何もしなくても飯が出てくる実家最高(笑)

というのがあると思います。

これから大学生になる人、楽しみにしててください。ほぼ確実にあるでしょう。

 

話し相手がいる

これって君がぼっちなだけでは...

 

な、何も予定がなくて引きこもっている日だけだけどね!!

 

人によるとは思いますが、実家に住んでいれば話し相手がいますね。

バイトも遊びの予定も入っていなくて一日中家にいたとしても、何かしらの会話は家族とするでしょう。

 

話し相手がいないと、一日の中で発する言葉が「いただきます。」「ごちそうさまでした。」

「ポイントカードはお持ちですか?」に対する「いえ、(ないです)」

商品を受け取った時の「(どうも)っス」くらいです。

 

本当にこれだから面白い...笑

 

看病をしてもらえる

実家暮らしって「食事」の方のメリットが取り沙汰されるけど..

個人的には「看病してもらえる」ことが一番大きいと思う

 

体調を崩したときに、同居人がいることはとても強いです。

 

僕は先日、一人暮らしを初めて初めて体調を崩しました。

39.0℃を超える高熱、立つとふら付く足元、はっきりとしない視界、眠ることさえ妨げる頭痛...

 

まず、病院に行くことさえきついです。

病院に行くためにはまずふらつきを落ち着けないと...

その為には解熱剤、風邪薬を飲まないと...

薬ないじゃん!薬局までも遠いし...

 

この負のスパイラルに陥ったら最悪です。

幸い僕は解熱剤を常備していたので、熱を少し下げてからポカリや風邪薬を買いに行けたのですが

家に何も置いていない状態だったらどうなっていたのやら...

 

というわけで、看病してもらえるのは本当にありがたいです。

一人暮らしの人は、最低限冷えピタくらいは家に置いておきましょう。

created by Rinker
熱さまシート
¥493 (2019/09/21 16:09:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

金銭的に楽

まぁ争点はここよね

 

実家にいれば家賃も食費も光熱費も払う必要がありません。(社会人で実家にいたら月々いくらか入れるかもしれませんが...)

その分浮いたお金で授業料を払えたり、遊びの資金にできたりしますね。かなり大きい。

 

 

また。大学生で親と一人暮らしバトルをしている人はここが争点になっていると思います。

僕の友達が一人暮らしを始めるためにとった戦略が面白かったので記事の後方で紹介します。

 

一人暮らしのメリット

大学生は一人暮らしした方がいいね

 

個人的には一人暮らしを初めて得られたものが本当に大きかったので

多少お金がかかっても大学生は一人暮らしをした方が良いと思います。

 

メリットを挙げていきます!

 

何もかも自分でやる習慣が付く

やっぱり自立できるのは大きいよ!

 

僕は「さっさと親元離れて自立したい」と考える人間だったので、これは嬉しかったです。(金銭的自立はできていないのですが...)

親がとても優秀な人なので、実家にいると何でもかんでもやってくれてしまって、甘ちゃんな僕が製造されて締まったという訳です。

 

このまま実家にいては...何もできない人間になってしまう

 

そんな一心で一人暮らしを切望していました。

無事一人暮らしが決まり、家を探し、契約、入居、住んでからの諸手続き、毎月の支払いなど

自分でやる事が増えていきとても楽しかったです。

 

自分の裁量で何でもできるということは、同時に責任も自分に降りかかってきます。

大人として生きていくにあたり、この考え方はとても重要だと思っています。

その為の第一歩でやはり一人暮らし、大事ですね。

 

自制心が身につく

これは結構人によるのかな...

 

子供の頃って、「周りが見ているから頑張ろう」とか「親の目があるから...」

という意識が少なからずあったと思います。

 

大人でも「周りの目があるカフェでのほうが作業がはかどる」という人がいるくらいなので

「周りに見られること」への意識が根付いているような気がしています。

 

しかし、一人暮らしは一人です。周りに誰もいません。

努力をしなければいけない瞬間に周りに誰もいないことが何度も訪れます。

そこで折れないで続けることができれば、自制心がグングンついていくでしょう。

 

自分のことを考える時間が増える

自分が何者かを考えられる...

 

自分がどういう人間なのかを考えたり、今までやってきたことの内省をする時間が増えます。

 

こう書くと「意識高い系が何か言ってる...」と敬遠されそうな気がしますが、自分のことを考える時間は本当に大事だと思ってます。

特に大学生は4年間で自分のゆく道をはっきりさせる時期です。

 

もちろん家族や友人、先輩、色々な人たちと会話をして得られる情報や考え方もありますが

自分の中にそれらを落とし込んで再考するのも重要です

 

そんなん実家暮らしでもできるやん

できるかもだけど、気づけたのは一人暮らしのおかげだし

何の音もない静かな空間で考えてみるのも結構いいよ...!!

 

家族を気にせず何でもできる

そんなに周りの目は気にしていないつもりだけど...

 

それこそ、ブログを書きまくっているのも一人暮らしのおかげかもしれません。

実家で書いていたら興味津々な弟や母が中身をのぞいてきて、恥ずかしくてかけたもんじゃありません。

(恥ずかしい内容というか...その...普段出さないような自分の中身をさらけ出しているので恥ずかしいんですね)

 

また、英語学習が好きなのですがひとりでに英語を話し始めても誰も何も言いません。

いきなり英語話し出すってそれはやべぇ気がするけど...

 

全てが自分の好きなタイミング

朝起きるのも、食事をするのも...

 

全てを自分の好きなタイミングで行えます。

 

ご飯を好きなときに食べるようにしたらお腹が弱いのがマシになりました。

 

おうちデートもできる

できるらしいっすね...

知らんけど...

 

それぞれのデメリット

それぞれのメリットがデメリットって感じかなぁ...

 

実家暮らしのデメリット

  • 自分の時間が少ない
  • 自立しずらい
  • おうちデートできない
  • 家族の生活リズムがある
  • ついつい緩んでしまう

 

一人暮らしのデメリット

 

  • 金銭的余裕がない
  • ご飯が勝手に出てこない
  • 孤独になりがち
  • 体調崩したときがマジでつらい

 

こんな感じですね~

 

まとめ:それでも一人暮らしがしたい

ここまで見て、「それでも一人暮らしがしたい!」という人がいれば...

というか、元々一人暮らし推しなんだけどね

 

僕が通っていた大学には、高校の同級生が結構いて

入学当初は実家暮らし半分、一人暮らし半分くらいの割合で

大学3年生時点では実家くらし1割,一人暮らし9割くらいになっています。

 

もちろん、親との交渉はあったみたいなのですが、その中でも印象的だったのは

物件を見せつけてプランを話し始める

方法です。

たまげた

 

女の子だったのですが

私はここに住もうと思ってて、家賃が〇〇くらいだし、バイトで△△稼いでるから...

てな感じで話したらokでたよ笑

 

結論:女の子は強い...

 

こうした家探しにはiettyというアプリがおススメです!

登録して数分で希望の物件を見つけられる...!!

 

 

 

 

 



人気記事セレクション

1. 月々の奨学金返済をブログ収入で賄えるようになったので、ブログのススメをする
2. 学生時代に遊んどけ論を本当に信じたらやばいぞ大学生!!
3. 人の話を聞いて一発で理解できない理由を考えてみた。
4. Amazon プライムとPrime Studentがガチでメリットだらけ。【破格の月額204円】無料お試しもできる!
5. TOEIC860点の人間が英語力がどれくらいなのか調べてみた。診断サイトと言えば...

おすすめの記事
SponsoredLink