※無駄に前置きが長いのでご注意ください

 

今回は「ニクリーチ」より選考直結スカウトを頂いた外資系IT企業のオフィスへお邪魔しました。

 

外資系...なんだかバタバタして忙しないイメージだなぁ

というか、世界で見ると何十万人の従業員数ってやべぇな

 

 

20XX年2月YY日,僕はオフィスの最寄り駅に到着し、時間を持て余していました。

初めて訪れる地&時間に余裕がある&大事な用事の時は集合場所に30分前に到着するようにしています。

天性の方向音痴を発揮して迷子になって遅刻しないように。。

 

とはいえ、大体30分時間を持て余してカフェで時間をつぶすので駅にはWi-fi,デスク,chair,人をダメにするクッション付きの巨大な待合室を作ってほしいですね。やっぱりクッションはいいや。知らん人の痕跡があるクッションは流石に使えない。

 

そうしてこうして30分前に最寄り駅に到着して時間を持て余した僕は、今回は本屋で時間をつぶすことにしました。

ぶらぶらぶら...ぶらぶら...

 

 

おっと面白そうな本があったぞ

created by Rinker
¥1,836 (2019/05/20 10:43:18時点 Amazon調べ-詳細)

ひ~~ほしいなぁぁ

 

そう、僕の大学生活の目標の1つ、英検1級取得。

2018年末くらいになって「あ、そういえば俺って英検1級欲しいんだった..」と思い出して少しづつ進めています。

なんか、本屋によってついつい参考書・資格コーナーに足を運んでしまうのって受験生あるあるな気もするんですけど分かる人いますかね。受験生時代に近所の本屋の休憩スペースで勉強しつつ、疲れたら休憩として散歩しながら参考書コーナーを歩くってやつです。分かるね。

 

そんなことはいっても、30秒も滞在せず他のコーナーへ行きました。

 

 

あっ、これ前TVで宣伝してたな

 

一人暮らしを始めてからほとんどTVを見なくなった僕ですが、ふとTVを付けたときに某有名タレントが本を宣伝していて

印象深かったので覚えています。

 

created by Rinker
¥864 (2019/05/20 10:43:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

走り続ける社長は大変だね、小休止も入れてみるといいね。っていう話でした。おもしろい。ひろみのことはよく知らなかったけど、昔フィーバーしていた人なんですね。

 

15分くらい読んで、目的のビルへ向かいました。

 

前置きなっが!

 

 

 

 

いざ、突入

 

 

 

風通しがよさそうなオフィス

うぉっ

 

人事に案内されてオフィスへ入ると、いきなり広い空間が。

入ってすぐの所には来客用のソファ&テーブル、会社が関わってる事業のパンフレット、その先にはエンジニア向けの技術書本棚。

 

そうして進んでいくと社員の皆さんが働いていました。それはそう。

 

こんな感じで、一人一人に机が割り当てられているのではなく

 

(良いフリー画像がなかった)

テーブルとか椅子がその所々に設置されていて、好きな所で作業してくださいね。という感じで各々がやり易いところで作業していました。結構ベンチャーはこういう所が多い印象(ここはベンチャーではないけど)

 

印象的だったのは、ビル街の景色を一望できる位置に椅子が設置されていたことで、人事も「ここで外の景色を見ながら作業できますよ~」なんて言っていました。

 

7だったか8だったかは覚えていませんが、とにかくそんな高い所からの景色を眺めながら作業できるってなんだかブルジョワになった気分ですね。超高層ホテルの最上階でワイングラス片手にブログを執筆しているようなものですね。実質。

 

そんなこんなで案内されていると、キッチンスペース的な、冷蔵庫、コーヒーメーカー、水道...と言った具合にここで何かパーティーでも始まるのかといった雰囲気を醸し出すところへ連れていかれました。そのゾーンだけ床や壁が暖色で、急に実家に帰ってきたような安心感。そこでそのままピザパーティーでも始まるかと思ったのですが(思ってない)、カフェオレをいただいて、会社の概要を説明していただくべく、会議室へ案内されました。

 

あれ、誰か会議室使ってるみたい...予約してたのに,.

 

どうやらダブルブッキングなのか、予約を確認しないで使っていたのか分かりませんが会議室に人がいました。

 

説明し忘れていたのですが、見学した日にオフィス内にいた人のほとんどは外国の方で、同様に会議室を使っていたのも外国人です。

人事は「Excume~なんっちゃらなんちゃら」と英語ペラペラに彼らに話しかけて場所を使いたい旨を伝えていました。

いい~めちゃいい~~

 

英語を普段から自然に使える環境っていいですよね。うんうん。

 

そうしてようやく本題の会社,採用,についてのお話をしていただきました。

ようやく...いや、、

俺の前置きが無駄に長いだけ...かもしれない。。

 

ITを社会に実装していく

 

というスタイルで皆さん働いているそうです。効率的でない所、不便な所をどうすればもっと使いやすくなるのか。

なるほどなるほど

なるほどなるほど

 

めちゃくちゃなるほどしてます。

 

僕自身、就活の軸になっていたのが「スキルアップができるか」という点だったのですが、「世のため人のため」といった信念をもった仕事の方がやりがいがあるとか、生きている実感がしそうです。

力が身についていくことで「こんなこと、あんなこともできそうだな」と視野が広がっていくのかもしれませんね。

 

ただ、就活をしている現時点で「早く社会に出てこのシステムを作りたい」なんて大層な考えを持てていないのが今の自分なので

前回の【就活日記】で話した「仮定をする」ことって大事なんだって。思いました。

 

 

ブロックチェーン,IoT...etc-最新技術を駆使-

新しい技術もキャッチアップしていくのもいい!

 

新しい事にもどんどん挑戦していくという。

 

丁度、来年度からブロックチェーンやIoTのセキュリティを研究する(予定)の僕にとっては、就職してからその知見を活かせるのは嬉しいですね。

 

優秀な人にはしっかりお金が払われる

 

インドやアメリカにも支部があるそうですが(世界で30カ所以上の拠点がある),

海外で低賃金で雇って過酷な労働をさせるとかって印象ありません?

 

あ~たしかに、魚の骨抜きとか単純作業は安い労働力で...みたいな話は聞くなあ

 

 

弊社は世界中どの地域でも働きやすい環境で、優秀な人にはしっかりその対価をお払いしてます!

 

的なニュアンスのことを言っていて、とても納得して、やっぱそうあるべきだよなぁと思いました。

やっぱり、年が上がるにつれて給料が上がるとか、長い間働いているから良い給料がもらえるっていう考え方は「古い」とされる時代にとっくに突入しているんですね。

 

以前、Twitterでバズっていた年収800万円新卒芸人(?)の方も

 

ジェネレーションギャップですね。全く価値観が違う。

 

教育制度

ありがたい

 

学歴関係なし、現時点でのプログラミングスキル、英語力関係なしを文言に採用をしているとのことで

入社してすぐの数ヶ月は教育制度があるそうです。

 

デジタルデバイドだった僕の家系

 

この会社の理念と僕の中で似ていると思ったのは社会にITを導入していくという点でした。

これは大学に入学してから気づいたことなのですが、「新しいものはどんどん使っていこう」「もっと便利に使用」という姿勢の人ってごくごく少数派だと思ってたんですよ。それこそ最新技術を研究している人とか、ずっと勉強している人とか。でも、そんなこともないことに、大学に入学、とりわけ編入してからは思い知らされるようになりました。

とはいえ、自分の周りの世界観を一般論として話すことは良くないですね。新しい技術にキャッチアップする人が少数はなのかどうかは分かりません。

 

 

 

というのも僕の家系はどちらかというと、新しいものに対しては拒絶反応を示すというか、以前親に「スマホが普及して本当に便利になったね~」って話をしたら「いや、高齢者とか機械が得意じゃない人にとっては使いづらいから、昔のままが良かったなぁ」こんな返答が来ました。

中学生くらいまでは僕も「現状維持」であることが楽だし何も考えなくて済むので、その考え方が好きだったのですが高校で自称進学校に入学したのを筆頭に、国立大学へ進学、更にその後編入して高専出身の人たちに囲まれると、いかに自分が生きてきた環境、意識、と彼らのそれが違うのだなぁと思い知らされました。

それこそ世界観が変わります。今まで生きてきたのが多数派なのかそれとも今年入り込んだ環境にいるような人たちが多数派なのか。分かりません。

一つ言えることは後者であり続けた方が、物事に対しての視野が広がって価値を生み出せる人間になる。てことです。なんか立派な言葉を並べていますが、決してそんな立派なことを言っているつもりはなくて、ただ、消費するだけの人生かそうではないかの違いみたいな感じじゃないですか。

 

まあ、そんな背景があるので、どんどんITを導入して拒絶反応がある人でも使いやすいような入り込みやすいような技術を、インターフェースを作り上げていくことってなんだかいいなと思ったので、その点でこの会社の理念に共感しました。

後はシンプルに英語ペラペラがかっこいいので、そんな人になりたい。

エンジニアとしてもレベルアップがしたい。

 

まとめ:外資系で圧倒的成長

あれこれと書いていたら4000字超えてた。。

 

会社の説明を受けるまでの導入が長かったですね。「早く就活の体験かけや!」と記事を読むスマホをぶん投げた人もいるかもしれませんが、今後もきっとこのスタイルで書きます。情景描写って結構面白いです。

 

就職先を決める上で何が怖いって、働いて10年経ってから何の能力もついていないことですよ。

これは本当に恐ろしい。小学生の頃に部屋を真っ暗にして本当にあった怖い話を見ていたら兄が後ろから「あ゛あ゛」と驚かせてきたときくらいに恐ろしいです。

 

結構影響を受けた訪問でした。

就職:院進学=7:3くらいかなぁ。

 

 



人気記事セレクション

1. 月々の奨学金返済をブログ収入で賄えるようになったので、ブログのススメをする
2. 学生時代に遊んどけ論を本当に信じたらやばいぞ大学生!!
3. 人の話を聞いて一発で理解できない理由を考えてみた。
4. Amazon プライムとPrime Studentがガチでメリットだらけ。【破格の月額204円】無料お試しもできる!
5. TOEIC860点の人間が英語力がどれくらいなのか調べてみた。診断サイトと言えば...

 

おすすめの記事
SponsoredLink