ニクリーチにて「是非一度焼き肉ランチ(叙々苑)を食べながらざっくばらんな形でお話が出来ればと思っております。 」というお誘いを受けたので、行ってみました。

 

 

叙々苑...!!肉...!!

 

 

例の如く、僕は会社の最寄り駅に訪問時間の30分前に到着して時間を持て余していました。

例の如く??

他の就活日記も読んでみて!

 

 

今回は近くに本屋があるとか、観光地があるとか、時間をつぶす方法がなかったので、とにかくその辺を歩き回っていました。無計画に歩き回ることって結構楽しいですよ。疲れますけど。自分、方向音痴を直すために最近は方角を意識して生きてます。駅の東口から出て、左側に進んでるから..今は北に向かってるんだな、、って。こういうこと考えないで地図の言うとおりにだけ生きてきたから方向音痴になったんですね。ちゃんと自分の頭の中で方向の感覚を持つのが大事ってことだ。

 

という感じで時間になったのでオフィスにお邪魔をしました。

 

 

いざ、突入

 

解放的なオフィス

 

今までインターンや見学で訪れた会社って、どこもかしこも、バーカウンターとか自由に座れるソファとか置いてあるイメージで、今回もそんな感じでした。

バーっと机が並んでいて個人の席もあるみたいです。ハイブリッド。

そういえばゲーム台?みたいなものも置いてありました。息抜き用ですかね。

 

 

案内されたソファで待っていると、彼は現れました。

どうも、こんにちは!

 

軽い挨拶をかわすと、さっそく会社の事業について話してくれました。

 

  • 何をやっているか
  • 今はどんな不便さがあって、どうしたいのか
  • これからでっかいプロモーションをかけにいく
  • どんな産業に入り込むことができるのか

 

みたいな話を10分程してから

じゃ、後は飯でも食いながら...!!

 

ということで叙々苑へGoしました。

 

いざ叙々苑へ

わくわく....

 

オフィスを出て、30mくらい歩いた時点でタクシーに乗り込み、直線100m先のところで降りるという何ともリッチなお金の使い方を目の当たりにしました。いや、これはリッチな行動ではなく時間を大切にしているからこその行動ですね。彼は1時間半後には他のミーティングがあったようなので少し急ぎ足でした。

 

叙々苑だー!

 

中に入ると、待っておりましたブルジョワ.お席はご用意してありますと言わんばかりの顔で若干21歳の若造を出迎えてくれました。彼ははほぼ毎日ランチは叙々苑らしく、顔が通っていました。すごい。

 

何でも食べて良いよ~

は、はい(笑)

 

とはいえ、こう言う場面でどの選択をするのが正解なのか僕にはわかりませんでした。いきなり4千円もするランチを図々しく頼むべきなのか、はたまた遠慮がちに安めのコースを選ぶべきなのか。この「何でも食べて良いよ~」というのは、企業が面接に来る服装について「何でもいいよ~」といいつつ、実はスーツで来ないと落とされるっていうパターンに似ているモノを感じたのです。(まだそんなパターンを経験してないし、そんなんで落とされたらこちらから願い下げだが)。高いコースを頼むことで「お前、あんとき、、食ったよなぁ?」と後から脅されて東京湾に沈められてしまうのではないかと。。(誰も得をしない結末).

という思考に陥った僕は2000円のコースをチョイス

 

では、、こ、このコースで

安いのじゃん笑 遠慮してんの?みんなもっと良いの食べてるよw

 

「みんな」とはこれまで彼が東京湾に沈めてきた「みんな」だろうか。1人はコンクリートに詰められて、もう1人は足に重りを...おっと、これ以上いくと不適切なコンテンツになりそうなのでやめておこう。宮下草薙の漫才みたいになってしまった。最近はまってるんですよ。「宮下草薙」で検索。

 

お言葉に甘えて、4千円のコースを頂くことにして、僕の中での葛藤は終えました。

 

彼はというと、「全メニュー制覇目指しているんだよねw」と言って単品を次々と頼んでいました。僕が将来言ってみたいセリフランキング7位に入賞です。「叙々苑のメニュー制覇したいんだよねw」良いですね。ちなみに43位は「飲み?あ~ドバイで?6時間くらいかかるけど大丈夫?うちのスコティッシュホールド連れて行くね」です。

 

肉、到着

 

で、でた~~~

 

食べました。美味しかったです。

 

 

さて、本題に入ります。

 

ベンチャーか大企業か

就活の軸にしている事が「スキルアップ」なのですが、、

それは、圧倒的にベンチャーが良い

 

彼は、複数の会社を経験した後、現在の会社にやったきたそうです。経歴は、ベンチャーや聞いたことがあるゲーム会社など...

それらの経験を踏まえて、「スキルアップをするならベンチャー」ということです。

以前訪問したベンチャーの社長も同じような事を言っていたのを思い出しました。

 

ある程度仕事が身についてきたら後は同じことの繰り返し...というか上流から下流へ業務の一方通行のような毎日で、優秀な人も3~5年たつとロボットのように...(とまでは言っていませんが)

ほええ~

 

大手はスーパーエンジニアというよりPM(Project Manager)を育てる意識の方が高いようです。

もちろん、全部が全部ってわけではないと思うけど!

ベンチャーは物事の進むペースが速い

大企業はとにかくペースが遅い

 

従業員とか部門とかの数を考えるとそんな感じはしますが、本当にペースが遅いそうです。

何かの提案を通そうにも、事前に根回しをしたり、なんちゃらかんちゃら...

 

いきなり、「さぁ、これをやろう!」となることはなく、思い立ったが吉日信者には厳しそうな環境ですね。

優秀な人材だらけ

そうそうたるメンバー揃いすぎ問題...

 

一番驚いたのが、メンバーが揃いすぎているという点でした。

日本の最高学歴院卒&起業➞入社

某大手企業のCTO➞入社

某旧帝大中退➞起業➞入社

シリコンバレーで開発してる人➞入社

 

アベンジャーズですか???

 

とにかく、そうそうたるメンバーがそろっていました。

 

何でこんなにそろったんだろうと考えたのですが、やはり事業の魅力と会社のスタイルが人を引き付けている大きな要因だと思います。

 

優秀な人にはそれなりの対価を支払う

インセンティブもあって、優秀な人が損をしない会社です

年齢が上っていう理由だけで給料高いのおかしくない?笑

 

能力給の考え方は大事ですよね..!!

 

この流れはきてますね。

 

今の30代くらいまでは能力給の考え方が浸透しているのかなぁ..

 

あえてIPOをしない

IPOはまだしていなくて...

あ、あいぴぃおー?

 

新規上場のことだね

あ~^^

 

あまり考えたことない話だったのでメモ程度に残しておきます。

 

IPOのメリット/デメリット

 

知名度,信頼度up

 

それはそう。

 

資金調達

 

名を知らしめることができるので、多くの投資家の目にも留まりますね。

 

売上への負荷

 

「やりたいことをやっていこうぜ!」スタイルをキープすると同時に「株主への還元」即ちある程度売上を気にしないといけない。作りたいものより、売上が出るものに重きが置かれ...なんてことも。。

 

副業について

副業についてはどう思ってますか...

会社に関係があるなら..

副業ってやっぱり"お金"が欲しくてやるわけじゃん?

会社が社員にお金の心配をさせないくらいに、給料を渡して

全力で会社にコミットしてほしいって感じかな

あまり効率的でもないし...

なんとなく言いたいことは...分かります..!!

 

まとめ:就職するとは...

自分がスキルアップできれば...

 

こんな気持ちが強かったのですが、今回話させてもらった人事の熱量がこちらにまで伝染してきて...

もちろん、少なからず「何か社会にとって還元できたらいいなぁ」くらいには思っていましたが、それはスキルアップの二の次でした。

が、今回の訪問でこっちの気持ちも一層強くなりました。

 



人気記事セレクション

1. 月々の奨学金返済をブログ収入で賄えるようになったので、ブログのススメをする
2. 学生時代に遊んどけ論を本当に信じたらやばいぞ大学生!!
3. 人の話を聞いて一発で理解できない理由を考えてみた。
4. Amazon プライムとPrime Studentがガチでメリットだらけ。【破格の月額159円】無料お試しもできる!
5. TOEIC860点の人間が英語力がどれくらいなのか調べてみた。診断サイトと言えば...

 

おすすめの記事
SponsoredLink