渋谷は代官山。今日も就活で東京に来ています。

 

本日お邪魔したのは、「専業禁止」をテーマに掲げる企業です。

 

エンジニア就活から探しました。

 

今日はカジュアル面談で僕がどういう考えで就活をしているのか、企業はどのような事業をしているのか

というお話をする会でした。

 

うちはね...

 

 

専業禁止...??

社員の6割が複業をしている??

 

 

僕が就職活動において大事にしていることが「スキルアップができるか」であり

僕が人生において恐れていることが「何の能力もないおっさんになる」ことです。

 

例えば、紙の情報をエクセルに入力するだけの仕事や、刺身にタンポポを乗せるだけの仕事で日給2万もらえたとしても

それは何の能力もないおっさんになってしまうので、やろうとは思いません。

 

 

いや、、やはり分からない。

 

これから魚文化がやってきて刺身にタンポポを乗せる人不足になるかもしれないし、機械では表現しきれないタンポポセッティングスキルという概念が生まれるかもしれない。新卒でタンポパーになったとして人生100年時代と言われる現代で80年近くタンポポを添える人生を歩む人もいるかもしれない。それはだれにも分からない。

 

ちなみに、紙の情報をエクセルに落とし込むアプリはできたみたいです。これは便利そう。

 


という冗談は置いといて...

 

スキルアップの次に大事だと考えているのが「副業」できるかどうかです。

僕は今、ブログで収入が月3~5万円ほど入ってきています。一応「副業」という認識がされるくらいには稼げるようになってきました。

 

将来的には複数の収入源を持つこと(=マルチな能力を持つ)が最強の安定だと思っているので就職してからも続けたいと思っています。

そろそろ「大企業に入れさえすれば安定」という思考の人は減ってきたことでしょう。

色々なことをやっている人間」が強いのです。

 

という考え方の下で

 

専業禁止!

複業をしている社員は6割!

 

というテーマを掲げる企業を見つけたので、惹かれない訳がありませんでした。

 

"副"業ではなくて"複"業

 

お気づきの方がいるかもしれませんが、文章中で"副"と"複"で使い分けをしています。

 

僕は収入の複線化の"副業"、社長は複数の仕事の"複業".

 

というか、人事と面談をするのかと思ったら社長が出てきてびっくりでした。

あわわわわわ....社長だ...

 

 

「副業をするなら"副”としてではなく"主"でやる」

自分が主体的に事業に関わる機会を増やすという点での複業という考え方はとても魅力的だと感じました。

 

生産性の話

複業ってシンプルに忙しいとは思うけど...

 

僕は昨年の4月から本格的にブログを書き始めています。

大学の講義と並行しながらなので、毎日とはいきませんが断続的に続けることができています。

そして、生産性を強く意識するようになりました。

 

10分ぐうたらする時間があったら記事のイントロ部分だけでも書こう、とか

スマホでSNS眺める時間があったら記事ネタの一つでも考えよう。といった具合に。。

(とかいいつつ、春休みの現在はぐうたらが勝ちがちなんですけどね)

 

これはきっと就職してからも言えることで、複数の事業に携わることであらゆる時間の使い方が洗練されていくと思います。

自分はポンコツなので複業どうこう以前に会社の業務をしっかりこなせるかという問題がありますが...

 

ある程度の忙しさとやりたいことがあるけど時間がないという時に時間の質が一気に上がるような気がしています。

 

 

 

フリーランスの欠点

 

フリーランスには欠点がある

情報のキャッチアップと人脈が作りずらい

 

!!!!

 

いや、本当にそれだと思うんですよ。フリーランスになれる能力を持っていない僕が同意するのはおこがましいのですが

人脈と情報が占めるデメリットの割合は大きいと思います。

 

これは、僕が就活を初めて一発目の、とあるベンチャー企業の社長も言っていました。

 

フリーになりたいなら人脈は大事

ほええ~~やっぱそうなんやな

複業をOpenにすること

自分がどんな複業をしているか発表するイベントがあるみたい
収入の複線化という観点も考えている僕にとっては他の人がどのような形で事業を運営しているのか気になりますし
なんというか、「自分の将来の理想像」になってる人がたくさんいそうな気がしています。
Openにするというのは皆にとってwin-winです。めちゃくちゃ悪質な事業でもしていなければ、発表者は宣伝ができますし
聞く側は「気づき」を増やせます。

はえ~~こういう事業の需要があるのか!
そうだ、「気づき」で思い出しました。
フリーランスにとってのデメリットのもう1つが「気づき」を得る機会が少ないんです。
仮に、フルリモートでやったとして、自発的に誰かと関わっていかないと自分の世界観が強くなり自分の中に新しい風(=気づき)を持ってきづらくなるのは、火を見るより明らかではないでしょうか。

自分は想像力が足りなかったなぁ

 

まとめ:複業っていいね

人生の幸福度、爆上がりですね

 

複業は収入の複線化のためのものではなく、自分が主体的にかかわれる事業を増やすという考え方。納得。

就活難し~~

 



人気記事セレクション

1. 月々の奨学金返済をブログ収入で賄えるようになったので、ブログのススメをする
2. 学生時代に遊んどけ論を本当に信じたらやばいぞ大学生!!
3. 人の話を聞いて一発で理解できない理由を考えてみた。
4. Amazon プライムとPrime Studentがガチでメリットだらけ。【破格の月額204円】無料お試しもできる!
5. TOEIC860点の人間が英語力がどれくらいなのか調べてみた。診断サイトと言えば...

おすすめの記事
SponsoredLink