昨年の今頃、新たな大学に入学して目まぐるしい毎日を過ごしていました。

8:40から始まる講義、自分のキャパに追いつかない課題の量、更にブログやプログラミングを勉強するとなったらいくら時間があっても足りませんでした。

 

大学へ向かう道の途中、信号で止まるとすかさず携帯を取り出してラインやメールの返信。

ブログのネタを考える時間なんて取っていられないので、日常で気になったことはメモにしてそこからネタを拾う毎日。

 

 

 

(なんでこんなメモをしていたのか覚えてませんが...)

 

 

 

とにかく「やらなければいけないこと」で一杯の毎日はスキマ時間の価値が恐ろしく高かったです。

 

 

暇な時こそスキマ時間のススメ

 

「昨年の今頃は忙しかった」という話をしました。

あふれる課題、始めたい勉強、新しいコミュニティ、etc...

 

 

 

しかし、今は違います。

大学4年生となった今、僕には時間がたっぷりあります。週に4日間は大学が休みです。

ぼーっとしてたら1日なんて秒で過ぎます。

 

かといって

うひ~~!!週4で休みだ!!ぐうたらしよ!

というマインドなわけでもありません。

 

達成したい目標があるので、忙しくするかぐうたらするかは自分で決めることができます。

 

  • 一か月以内に論文のサーベイをして、自分の研究方針を決める
  • 卒業までにRuby on Railsで開発できるようになっている
  • 卒業までにブログ収入を15万/月を超える
  • youtubeでvlogをやる
  • 漫画をたくさん読む
  • 卒業までに英検1級を取得する
  • フランス語と中国語の勉強も進める
  • 筋トレして178cm/75kgになる

 

期間が定まっていない目標や、定義があやふやな目標がたくさんあります。期間が決まっていても今すぐに着手しなくても良い目標もあります。

圧倒的な時間の余裕があり、自分でスケジュール管理をしないと曖昧な目標は曖昧な目標のままで終わります。

 

こんな目標を立てていると

 

「あとでいいや」

「今はプリズンブレイク見てるし...」

「来週から本気でやれば間に合う。。」

「今日は他のこと頑張ったから休も。。。」

 

強い意志を持てる人ならこんなことにはなりませんが、大半の人は自分に甘くなるでしょう。

僕もその一人です。目標を立てて意識したところで今の自分が何をするべきなのか具体的に分かっていない人は一歩目を踏み出せずに意識だけが目標へ近づいていきます。

 

今の自分が何をするべきなのか...

 

 

そんなこんなで大事なのがスキマ時間使用の習慣化です。

 

 

 

ちょっと話飛躍してない?

 

今の流れだと、「目標達成のために自分が何をするべきなのかを明確にする」ことが大事だと思いますよね。

 

もちろんそれも大事です。

 

しかしですね、「目標達成のために自分が何をするべきなのかを明確に」して、即座に行動に移せる人はあまり多くありません。なぜなら成果をすぐに表れないから。すぐに成果が出るものに対して、取っ掛かりやすいことは明らかですが、長い期間耐えて耐えて耐えてようやく成果が出るものに対して踏み出すことは難しいです。

 

 

結局「最終的な目標」「今やるべきこと」が分かっていても動かない人は動きません。

 

 

そもそも目標を立ててすぐに動き出せる人はその道のりの長さを十分に理解しているはずです。すぐに成果が出ないことも、成果yと経過時間xが必ずしもy=xの関係ではないことも。

 

 

努力をすることが当たり前の環境で育ってきた人にとって、今話している内容は不思議なものだと思います。

え?目標とやるべきことがあるなら、あとは手を動かすだけじゃん...

 

No,No,No...

 

 

僕のようなぐうたらな人は違うのです。

 

 

~ができるようになりたいなぁ。今からやる必要がありそう。。やろうかな。。

まぁでも、明日休みだし、明日でいいや。

 

これがlim(n→∞)n回続くのです。

 

一旦ここまでの話をまとめると

 

「時間はたっぷりある」「達成したい目標が複数ある」

「ついついぐうたらしちゃう人」

この3つの条件を満たすとき、スキマ時間を意識して習慣化すると物事は良い方向へ進むでしょう。

 

スキマ時間を意識するとは

 

ここからが本編ですね。

 

やりたいことがあって、時間もあって、なのにぐうたらしちゃう人。

 

スキマ時間を意識してみてください。

 

 

朝起きて、歯を磨いているときにスマホでTwitterのTLを眺めるのではなく、英単語の一つでも覚えたり

電車でぼーっとするのではなく、ブログネタの一つでも考えたり

寝る前にyoutubeサーフィンをするのではなく、論文サーベイをしたり

 

あえて時間がたっぷりあるときに、こういったスキマ時間活用をすることで他の時間への意識も変わってきます。

 

具体的な例を挙げると、

うひい~....Rails Tutorial3時間やった~!疲れた!ちょっと休憩...

 

~5分後~

 

Prime Video面白いな....キリが良いところまで見よ

 

~1時間後~

 

なんかぐうたらしちゃったし、今日はぐうたらDayでいいや...

 

みなさん、あるあるじゃないでしょうか。

 

時間がたっぷりある日もスキマ時間を意識していれば

休憩の5分で〇〇ができるな...

とか

よしっ、この時間は終わり。作業に戻ろう

 

と、時間のメリハリが楽になります。これはマジ。

 

これを習慣化することがポイントです。

 

いきなりきっつきつのスケジュールを作ると3日でとん挫しますが、毎日少しづつスキマ時間の利用方法を変えていくのです...

 

今日は朝起きてすぐにTwitterを開くんじゃなくて、単語帳を開こう。

今日は電車の待ち時間でyoutubeを見るんじゃなくて、論文サーベイしよう。

 

こんな小さな変化を積み重ねるだけで1か月後には大きな差になっていることでしょう。

 

 



人気記事セレクション

1. TED Talksで英語学習をするのは割とおススメなのでやってみて欲しい!
2. 都会の大学か田舎の大学か、どちらも通った僕がメリットを挙げてみた
3. 人の話を聞いて一発で理解できない理由を考えてみた。
4. 1週間に渡る研究室バトルに決着がついた話
5. TOEIC860点の人間が英語力がどれくらいなのか調べてみた。診断サイトと言えば...

おすすめの記事
SponsoredLink