適当な人を辞めたいなら割れ窓理論を意識すると良いかもしれない

 

「~な人を辞める」って表現はあまりよろしくないですね。

それは自分の個性で、もしかしたら唯一無二の武器になるのかもしれないので...

 

 

といいつつ、僕は常々適当な人を辞めたいなぁと思っています。

 

結論

 

割れ窓理論ってあるじゃん??

 

割れ窓理論は、窓が割れたところを放置していると他の所も割られやすくなるって話で

埃一つないところにポイ捨てはしづらいけど、ハロウィン後の渋谷の街にならポイ捨てに罪悪感を感じない人が多くなる"アレ"です。

正確には、小さな犯罪もしっかりと取り締まることで、大きな犯罪の予防になるっていう理論です。

 

で、割れ窓理論的に過ごしていれば自分の適当さも無くしていけるのでは...?? というのが今回のお話です。

 

適当な人ってどんな人?

 

適当な人ってどんな人なんでしょう。完全に僕の偏見(⋀自己紹介)で傾向をあげてみます。

 

適当な人の傾向
  • 話を聞いてない
  • よく考えずに返事する
  • 集中力が持続しない
  • 考えるより先に行動(行動しつつ考えない)
  • 小さなミスをほったらかし
  • 時間が過ぎることに頼りがち
  • 精査が下手

 

僕が強く当てはまっていたのが「精査が下手」の部分で、筑波に編入して間もないころはこれが原因でとても苦労しました。

 

取り合えず要件は満たしてるから、このコードでいいべ...(ポイッ

ダメです。エラー処理ができていません。

 

 

 

~数時間後~

これでどうだ....

ダメです。他の部分でエラーが出ています

 

 

は~~~~~~~~~~~~~

 

これが日常茶飯事で、ここで初めて自分の適当さに気づかされました。

 

きっとこれは「小さなミスをほったらかし」や「話を聞いていない」にも通ずる部分があるのだと思います。当時はそれくらいぱっぱらぱーでした。

現在はある程度マシにはなっていますが、これからも気を付けていきたいですね。

 

ていう僕の話は置いといて...

 

一度サボると一気だめになる

 

完璧なプランを完璧に遂行できた時の達成感はものすごく大きいですが、遂行できる可能性は低く、その多くは失敗に終わってしまうように感じます。

プランの途中で躓いてしまうとその後はどうでも良くなってしまう現象が、きっと多くの人の中で観測されているはずです。

 

よし、じゃあ今日は10:00~11:00で数学の勉強しよ

ちょっとトイレ長引いて10;13スタートになっちゃった...

なんかやる気失せた...今日はもういいや。ぐうたらの日にしよ

 

 

これは小さなミスをほったらかしてしまうことにも言えます。

 

 

まぁ、、これくらいのミスならほっといてもダイジョブっしょ

ん~、これは修正した方がいいかな?まぁでもさっきのミスもそのままだし、、

 

 

~数時間後~

とんでもないことになってる...なんじゃこりゃ

 

 

ここまでの極端さは無いと思いますが、何か1つ自分に甘くなって許してしまうと許し癖のようなものができて、どんどん適当な人間になってしまう気がします。

割れ窓理論を意識して自分に甘くて適当な所を無くしていこうねって話

 

適当さをなくすために

よし、割れ窓理論を意識して丁寧で慎重な人間になろう!

 

なんて言ってすぐ行動に移せて効果を得られる人はほとんどいないでしょう。

 

 

思うに

 

自分の適当さを突っ込んでくれない人が周りにいる環境では適当のままだし、いちいち指摘してくれる人がいる環境にいるのなら、自然ともっと丁寧に、慎重に生きていくようになります(実体験)

環境依存な感じがするなぁ

 

まとめ:

 

「適当な人を辞めるために」という話をしてきましたが、こんな本があります。

created by Rinker
¥1,430 (2019/11/20 03:38:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

結局自分に合った生き方がいいんですよね。おわり。じゃんじゃん。

 



人気記事セレクション

1. 月々の奨学金返済をブログ収入で賄えるようになったので、ブログのススメをする
2. 学生時代に遊んどけ論を本当に信じたらやばいぞ大学生!!
3. 人の話を聞いて一発で理解できない理由を考えてみた。
4. Amazon プライムとPrime Studentがガチでメリットだらけ。【破格の月額159円】無料お試しもできる!
5. TOEIC860点の人間が英語力がどれくらいなのか調べてみた。診断サイトと言えば...

おすすめの記事
SponsoredLink