どうも、あんちの(@antiknownins)です。

就活が完全に終了したのでその結果報告と感想をまとめておきます。

プロフィール

 

  • 筑波大情報学群
  • プログラミングは授業レベル
  • TOEIC880点
  • ブログ月間3~5万pv

 

志望業界

 

  • WEBエンジニア(業界?)

 

会社との戦闘結果

 

受けた会社: 7社

内定:1社

最終選考:2社

辞退:1社

1次選考落ち:3社

 

就職活動を始めてから終わるまで

 

開始:2月下旬

終了:5月下旬

 

ある会社から3月の中旬くらいに内定(仮)のようなものをもらえていたので就活は1か月ちょっとで終わっていたはずでした。

 

内定を保証されていたわけではありませんが、最後に受けた面接で「実質ここが最終面接だからね笑」と言われ

それに通っていたので、受かった気分でいました。

まぁゆる~っと他の会社も見ておこう...

 

内定(仮)をもらった時点では会社を2社しか見ていなかったので、その後も他社の見学や面接にも受けていました。

が、結構落とされることが多く「これ、内定(仮)が消えたらやばいな..」

 

 

すると

 

 

5月の中旬に

やっぱり、、実務経験がないっていうのは厳しい...他にも優秀な人が応募してるからね...

祈ってるやで~

 

 

と、取れていたと思っていた内定が飛んで行ってしまいました。

 

3月中旬には就活を終わったつもりでいた自分が、いきなり内定0で就活市場に戻されてしまいました。

内定0はやばいってい...

 

大学もぼちぼち始まっていて、一日フリーになるのが週に1回のみだったので時間的にも厳しい出戻りです。

 

 

が、なんとか5月中に決めることができました。

エンジニアとしてスキルアップができそうな環境なので楽しみです。

 

大変だったこと

 

地方の大学生が就活で大変なことと言えば交通費です。圧倒的にこれです。

つくばエクスプレスを使うとつくば駅から秋葉原まで一本で行けるものの、片道1000円は超えます。

就活で東京に行くたびに交通費で2000円飛び、ついつい外食してしまうので合計3000円飛びます。

 

これが週に何度もあると考えると恐ろしいですね。

なのでオンラインのskype面談などを活用して節約しましょう。

 

 

楽だったこと

スーツは一度も着ずに済んだのは楽だった!

 

慣れないリクルートスーツに身を包んで、髪をばっちりに決めて面接をすることがなかったのでとても気持ちが楽でした。普段通りの格好で普段通りの気持ちで面接に挑めたのは大きなポイントですね。

より素に近い状態で話せるので入社してから「あれ、こいつ面接のときと全然ちげぇな...」というミスマッチが起きづらくなるのではないでしょうか。誇張気味ですが、カジュアルな恰好なら変に緊張をしないっていうことです。

 

費用

 

2月:8300円

3月:12100円

4月:2000円

5月:7500円

 

合計:29900円

 

リクナビのアンケートによると

 

総額10万円【スーツ・バッグ・靴など6万円/交通費3万円/写真撮影代1万円】(男子学生/金融業界内定)
総額12万9000円【スーツなど4万5000円/交通費5万円/飲食代2万円/証明写真1万3000円/履歴書と履歴書郵送代1000円】(女子学生/広告業界内定)
総額20万円【スーツなど10万円/交通費5万円/飲食代5万円】(男子学生/マスコミ業界内定)
総額20万5500円【スーツ2着6万円/靴2足5万円/バッグ4000円/交通費4万円/飲食代4万円/証明写真1万円/通信費1500円】(男子学生/IT業界内定)

 

人によっては20万超えているようですね。

 

僕の場合はスーツやカバン、靴などの費用は0円だったのでそこで安く抑えられました。

 

感想

 

もっとコードを書いてもっと何かを作っておくべきだった!

長期インターンで実務経験を積むべきだった!

2週間~の長期インターンでみっちりスキルアップしておくべきでした。

TOEIC(笑)とか役に立たなかった!

 

業界が業界なので、TOEICとか何の訳にも立ちませんでした。

何の資格も取っていなかったのでお気持ち程度に資格欄に書いてはいましたがほとんど触れられることはなく、、

 

まとめ

 

就活が辛すぎて病むことはありませんでしたが、やはり落とされる感覚はあまり好きにはなれません。

就活は就活生と企業のマッチングと考えれば気が楽になるのでお勧めです。

「お互いのタイプを確認して一緒に働きやすいかどうかを見定めただけ」です。タイプが合わないのに自分を繕う方が長い目で見たら大変です。

苦手なタイプの人とは極力関わらないようにするのと同じですね。

 

 

 



人気記事セレクション

1. 月々の奨学金返済をブログ収入で賄えるようになったので、ブログのススメをする
2. 学生時代に遊んどけ論を本当に信じたらやばいぞ大学生!!
3. 人の話を聞いて一発で理解できない理由を考えてみた。
4. Amazon プライムとPrime Studentがガチでメリットだらけ。【破格の月額159円】無料お試しもできる!
5. TOEIC860点の人間が英語力がどれくらいなのか調べてみた。診断サイトと言えば...

 

おすすめの記事
SponsoredLink