就活の内定までの流れってどんなやん??

 

と、気になっている大学生は多いことと思うので僕の体験談を話していきます。

時系列順にお話ししていきます。

 

業界

IT系の会社しか受けてません~

 

某外資系

 

3月の上旬ころに受けた某外資系企業です。

1番最初に受けた企業だったのですが、初任給35万を超えていてびびっていました。

 

流れ

  • 会社見学
  • ES提出&Webテスト(特に審査はナシ)
  • skype面接(1次面接)
  • 落ちる

某外資系企業には1次面接で落ちました。

めっちゃ簡単に落ちるじゃん...

 

スタートダッシュはなかなか最悪でした。

 

某中小企業A社

 

A社も3月の中旬くらいですね。

 

流れ

  • 会社説明会&ES提出
  • 最終面接(CTO->技術責任者)
  • 待ち
  • ランチ会(特に選考はナシ)
  • 待ち
  • 待ち
  • 落ちる
  • 社長面談(内定の確認)(の予定だった)

 

ここは結構トントン拍子で進んでいって、技術責任者のCTOとの最終選考を通り、内定が決まった(と初めは聞いていた)のですが他の受験者との兼ね合いで"待ち"がとても長かったです。

4月とか5月に選考をする会社もあるわけで、僕と同じ選考フェーズの人(僕より優秀)たちがそういった会社を受けるかどうかで僕が受かるかどうかが決まるみたいな状況だったみたいです。

ゴールデンウィークが明けた頃にごめんなさいの連絡が来たので激おこでした。

 

最終面接(仮)に通って、3月の中旬時点ではもう就活が終わったと思い込んでいたので、あとは保険で何社か受けておこうかなぁくらいの気持ちでした。安易すぎる。

某大手C社

 

初めて大手にESを提出しました。

 

流れ

  • ES(自己アピール)
  • 落ちる

 

でっかいA4くらいの用紙に"ここで自分を表現して下さい"みたいなことが書いてあって

誠意πアピールできることを書きましたが落ちました。鬼すぎる。。誠意πやりましたが。。

 

某ベンチャーG社

 

ここは4月の下旬くらいです。

 

現時点での技術力は重視しません!完全人柄採用です!とかいいつつ

ESには開発経験の有無がを聞いてきたり(まだ分かる)、選考を進んでいくにつれて、プログラミングの課題を課されたりする会社でした(それだったら"人柄採用"とかじゃなくて、スキルアップとかにしたらいいのに)

 

流れ

  • 社説明会&ES提出
  • skype面接(1次COO)
  • 落ちる

 

気分はA社だったので、そこが見透かされたのか、あるいは意欲が見せられなかったのか、1次面接で落とされました。倍率は70倍とか言っていた気がします。誇張なのかは分かりませんが、、

たしかに、面接の雰囲気は今までとは格段に違っていて、担当者(COO)もなんか強そうでした。一番ビビった面接です。

今までの人生で3年間以上何か続けてきた経験はありますか?

人生で一番の失敗とそれから学んだことを教えてください

総じて"The 就活"て感じの面接でした

 

某ベンチャーT-E社

 

ここも4月の下旬です。

The 今どきの会社という感じのベンチャーT-E社

 

流れ

  • 座談会×2
  • Webテスト(免除)
  • 最終面接(CTO)
  • 落ちる

 

会社の雰囲気を知るための座談会が2回参加必須で、そのあとのWebテストは免除になって

最終面接に挑みました。

落ちました。

 

某中小企業R社

 

ここは、某中小A社の内定(仮)がなくなってから受けた会社で、5月の中旬くらいでした。

 

流れ

  • 社見学
  • ES提出&一次面接
  • 最終面接(元エンジニアの人事)
  • 内定!

 

IT系はどこも"今時"って感じがしますね。私服勤務、社内にバーカウンターがある、お酒もある。

オフィスがウッド調で自然に帰ったような気持ちになりました(なりません)

 

ここでようやくちゃんと"内定"をもらえました。A社のような"待ち"ではなく、来年4月から働ける"内定"を取得しました。

ここだったら自分もエンジニアとして成長できると思いました。

 

某ベンチャーT社

 

T社は様々な選考方式を取っていて、その中の1つが"スキルアップ選考"

1か月間で指定されたアプリケーションを完成させたら、それをプレゼンして、良かったら内定

というとても興味深いものになっています。

 

これを、2月の下旬くらいに受けて3月の下旬までに完成させる予定だったのですが、すべての機能を実装することができなかったので、プレゼンまで進むことができませんでした。

 

が、別のルートで選考に進むことができるという案内を受けました。

Webテストを受けて、CTOと面接をするルートを提示されたのですが

決められた期間で作り上げられなかったし、ここで選考に進んでも何か本質と違うような...

てかA社がいい感じだからそっちに集中しよう。。

 

ということで一度は辞退していまいました。

ただ、自分である程度何かを作り上げる経験はこれが初めてで、ものすごく楽しかったのでとてもいい経験でした。

 

 

 

 

 

で、T社とは終わるはずでしたが。。。

 

6月の上旬に登録していた逆求人のサイトでT社からスカウトの連絡が来ていました。

良かったら会社見学に来ませんか??

以前、スキルアップ選考を受けていたんですけど、、選考に進めますか、、、?

大丈夫です!

 

一度辞退したくせに、選考を受けなおすというこの上ない図々しさも許してくれるT社に感謝感激でした。

R社から内定は頂けたものの、より実践的で実力主義的な要素が強いのはT社だったので、行けるならT社に行きたかったのです。

 

あれ、さっきこんなこと言ってなかったっけ?

決められた期間で作り上げられなかったし、ここで選考に進んでも何か本質と違うような...

 

そんなこと言ってる場合じゃなくなった!就活は戦争なんだよ!!!

 

 

ということで流れはこんな感じです。

 

  • スキルアップ選考(未完成)
  • 辞退
  • webテスト
  • skype面接(役員&CTO)
  • 最終面接(役員&CTO)
  • 内定!

 

まとめ

 

以上が僕の就活のすべてです。

なんやかんや大変だった。。

 



人気記事セレクション

1. 月々の奨学金返済をブログ収入で賄えるようになったので、ブログのススメをする
2. 学生時代に遊んどけ論を本当に信じたらやばいぞ大学生!!
3. 人の話を聞いて一発で理解できない理由を考えてみた。
4. Amazon プライムとPrime Studentがガチでメリットだらけ。【破格の月額159円】無料お試しもできる!
5. TOEIC860点の人間が英語力がどれくらいなのか調べてみた。診断サイトと言えば...

おすすめの記事
SponsoredLink