僕が筑波大学に編入をした理由

 

大学編入をしてから間もなく2年が経ちます。

 

いつまでも編入の話をしていると、そろそろ老害感が出るのでこの辺りで終わりにします。

 

今回は僕が編入しようと思った理由について。

 

今までの編入系の記事で触れている部分があるかもしれませんが

2年経って当時の自分を客観的に見れるようになった気がするので、改めてこのタイミングで書きました。

 

"編入"の2文字がよぎった瞬間

 

大学1年生の春休みも終える頃、その言葉は僕の頭をよぎりました。

 

僕はフィリピンのセブ島に留学していて

 

 

将来は英語を使った仕事ができたらいいなと思っていました。

英語ペラペラになるぞ~!

 

 

 

 

が、しかし

 

 

現地で講演(?)をしていた海外就職カウンセラー(笑)さんの話を聞いていたら

 

海外就職カウンセラー
正味、英語だけできても需要ないよ、、

 

自分でもなんとなく気が付いていた部分を突かれました。分かってはいたけど目をそらしていた部分ですね。

英語を話せるだけで成り立つ仕事って、だいぶ限られていて、尚且つ鋭い語学感覚が必要です。

 

世の中には英語を話せるだけの人なんていくらでもいて、まして翻訳技術の進歩で、

そうではない人でもコミュニケーションを取ることができる、そんな時代です。

 

げっ...卒業したときに英語だけ話せても...やばいな...

 

と危機感を覚え

 

やばいな...どうしよ

 

 

そうだ、研究を極めよう!!

 

情報系の僕は、"専門性"を高める道がありました。

英語×専門=強い!

 

日本に帰って、興味のある分野や研究を調べ進めていくのですが

ん~、、なんかうちの大学に興味のある研究ないなぁ。。

 

 

研究調べの延長で他大学の研究室も見ていると、面白そうなところがいくつかあって

その中の一つが現在通っている大学の研究室でした。

 

大学院から変えるのも悪くはないけどなぁ...

 

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

 

 

"大学編入"ってなんだ??

 

これが大学編入を知ったきっかけです。

 

編入を決めた要因

 

とはいっても、研究室の有無だけで決めたわけでもなくて

 

  • 環境を変えたかった
  • イレギュラーな道を進んでみたかった
  • 国際性が高い大学...いいね
  • (一人暮らしで関東に住みたかった)

 

等の理由がありました。

 

編入で環境を変える

 

だらだらするだけの生活を変えたかった

 

正直、前の大学では専門性は何も身に付けていませんでした。

とりあえず授業に出て、単位を取る。よくいる大学生です。

バイト、サークル、自分の好きな英語学習...etc

身近にいる人たちも同じで、それが普通でした。

 

 

しかし、編入をしたら周りの人間はめっきり変わりました。

 

 

コンテストで賞を取っている人、サービスを開発しようとしている人、日本で数十人しかいないcoder、独学でプログラミング能力を高めている人、社長、etc...

 

"環境を変える"というのは、"周りの人が変わる"ことと同義で、彼らに影響されて"自分も"変わることができます。

 

周りが凄くなると、自分の中には恐ろしいほどの劣等感が生まれて、それが丁度良いモチベーションになります。それが編入の大きな狙いでした。

 

イレギュラーな道を進む

大学→大学に編入って経験、中々できなくない??

 

僕は天邪鬼みたいに、何でもかんでも人と違うことをするわけではないのですが

これに関しては違う道を進んでみたくなりました。

 

人間関係を1から作り直すとか、通える大学が2つあるとか、都会と田舎の大学を経験するとか...

 

 

普通の人の二倍の経験ができる楽しみもあって違う道を選びました。

 

国際性が高い大学

 

筑波大学はとても国際性が高いです。

大学を歩いていて留学生を見かけない日はありません。

 

僕は外国語の学習が好きなので、この環境にとても魅力を感じます。

色々なイベントに行って、色々な国の人と話せました。

フランス人、オーストラリア人、中国人、etc...

語学能力をあげたい人、異なる文化に興味がある人たちにとっては最高の環境ですね。

 

 

余談ですが、以前TOEICを受けた際、あまり対策をしていなかったのですが

英語のLanguage Exchange(お互いの言語でお話しする)を週1で30分やっていたら

まあまあ良い点数を出せました。 Language Exchange おすすめです

 

まとめ

 

面白そうな研究室がある!

自分を変えたい...!!

英語をもっと話せるようになりたい!

 

僕が編入を志した主な理由はこの3つでした。

 

大学1年生の春に、カウンセラーと話して、自分の将来について真剣に考える機会がなかったら今頃自分は何をしているんですかね。

 

真剣に考えてこそ、気づける新しい道があるかもしれないので、皆さんも今一度将来について考えてみるといいかもしれません。

 

 

編入後の就職について

 

これはまた後日記事にしますが...

 

仕事で英語使いたい!何か英語いたい!

と意気込んでいた大学1年生の僕でしたが

 

様々なエンジニアがいることを知った大学編入の果てに、

とりあえず今は開発経験積みたい...

 

この気持ちが英語愛に勝ったため、来年から普通にエンジニアとして働きます。

 

ただ、海外で暮らしたい、働きたい気持ちは変わらずあるので、どこかのタイミングで...

 

編入する理由の考え方

 

余談です。

「学歴コンプレックス」なんて言葉がありますが、これを解消するために編入することはお勧めしません。

 

↑でも書いていますが本当に意味が分かりません。

 

月並みな表現ですが、「大学生活で何をしたか」に大きな価値があると思っています。

 

この記事を読んでいる人の中に

「あぁ、、受験失敗した、、あんな大学行きたくない」

なんて思っている人がいたら、もう一度その大学で何ができるか考え直してみると良いです。

編入する労力を他にぶつける方がきっと有益です。

 

 

僕はそろそろ大学卒業するので、この辺で...

 

 



人気記事セレクション

1. 月々の奨学金返済をブログ収入で賄えるようになったので、ブログのススメをする
2. 学生時代に遊んどけ論を本当に信じたらやばいぞ大学生!!
3. 人の話を聞いて一発で理解できない理由を考えてみた。
4. Amazon プライムとPrime Studentがガチでメリットだらけ。【破格の月額159円】無料お試しもできる!
5. TOEIC860点の人間が英語力がどれくらいなのか調べてみた。診断サイトと言えば...

 

おすすめの記事
SponsoredLink