初心者が岩手山に登ったので感想や必要だったものをまとめた【大学生】

 

先日、高校からの同級生3人で岩手山に登ってきました。

標高2038m!!

 

 

大学1年生の時に登って以来なので、 3年ぶり2度目です。

 

この記事では

  • 登山の時ってどんな格好をするべき?
  • 岩手山は登頂にどれくらいかかる?
  • シンプルに登った感想や過程が聞きたい!

 

こんな人たちに向けて記事を書きます。

 

登山の格好・装備

 

先に行っておくと、僕たちは適切な格好で登りませんでした。

 

僕は

  • Tシャツ
  • スキニーパンツ
  • ランニングシューズ
  • 寒さ対策のアンダーアーマー

 

この装備で登り、友人二人も似たような感じ+靴はスニーカーでした。

登場口で完全装備のおばさんに「スニーカーで大丈夫?笑」と煽られたのを思い出します。

僕は流石にスニーカーはまずいと思って、前日にランニングシューズを買ったのですが

当日になってまさか二人ともスニーカーでやってきたのでびっくり仰天でした。

 

とはいえ結局は、完全装備で登った方が絶対に安全ですし、楽なはずです。(それはそう)

 

 

 

登山グッズと調べると色々出てきますが、実際に登ってみてめちゃくちゃ大事だと思ったのが

  • 吸汗速乾性のベースウェア
  • 登山用のズボン
  • トレッキングシューズ(靴)
  • トレッキングポール(杖)

 

これらのアイテムです。1つずつ紹介していきます。

 

ベースウェア

自分は汗っかきなのでなおさら必要だった...

 

実は一緒に登ったうちの1人はこれを着ていました。吸汗速乾性のベースウェア。

僕はといえば、Tシャツ2枚で山登りに挑み、とてもキツイ思いをしました。

 

帰り用に1枚あればいいか...

と思って2枚しか準備しなかったのですが

登りの5合目くらいで汗だくになってしまい、Tシャツは絞れるくらいびちょびちょになりました。

かといって、ここで着替えてしまうと、下りと帰り道でも濡れたシャツを着る羽目になるので冷たいシャツを着て登り続けました。

 

 

が、8合目に登った時点で、気温も下がり汗も引いてきたので着替えることにしました。

結局8合目~登頂まで/下り全てを2枚目のシャツで行ってしまったので、帰りの電車は濡れたシャツで乗る害悪に...

 

登山用のズボン

 

スキニーパンツの登山はマジでやめたほうが良い

 

下半身にかいた汗が全部服に吸収されてべったりした感触で登り続けなければいけません。

てか、なんで俺スキニーで登ったんだろう。3年前はチノパンで登りました。頭おかしいですね。

 

トレッキングシューズ

前日にランニングシューズを買った僕ですが、トレッキングシューズにするか悩んでいました。

山登りなんてめったにしないのに、そのための靴を買うのがなんだか癪で、それなら普段使いもするランシューを新しくした方が良いと思ったのです。

 

が、やはりお金に余裕があって山登りもすることが多いのならトレッキングシューズ一択でしょう。

岩でごつごつした道が多い山は、ランシューのソール(靴底)では耐えられません。少し痛いです。

 

トレッキングポール

これはマジでほしかった

 

登っている時も、下っている時も

「杖欲しい~」

「杖楽そう~」

「杖~~~~~~」

という声が3人から絶えませんでした。マジでほしかった。

 

本当にこの年になると(21歳)、疲労が溜まったときの踏み込んで次の足を出す動作がめちゃくちゃ辛くなってくる。本当に。おっさんなので。

なので杖があったらどれだけ楽だったか...と、たしか3年前も言っていた気がします。結局誰も持ってきませんでしたが。。

 

登頂までかかった時間-馬返し

 

僕らは馬返し登山口から登りました。

 

登山口に到着したのがAM9:30くらい

山頂に到着したのがPM1:30くらい

です。

 

途中、休憩や昼食をはさみながらでしたが合計して4時間くらいかかりました。

滝沢市のページによると、所要時間4時間30分とされているので、それなりな時間だったと思います。

 

登っていく過程の感想

 

個人的な感想です。

 

0~1合

長い、本当に長い。ありえなく長く感じます。

0.5号まででもとても長く感じます。辛すぎてこの時点で「誰か諦めるかって言いださないかなw」とか思っていました。根性なしですね。

 

 

 

後日談、、というか後合談(?)ですが

山頂に近づいた時に、実は3人とも1合目地点「きつくてもう戻りたい」と思っていたらしいです。

誰もそれを言い出さなかったのが強いなぁと感じました。

そして1人だったらさっさと帰っていたと思います。

 

1~4合

 

0~1合目が長く感じすぎて、1~4合はとても早く感じました。

 

4~7号

 

疲れが出てきたのか、この辺では1合間がありえなく長く感じました。

休憩の頻度が増えてきたのはこの辺りだったと記憶しています。

ただ、集中力だけはきらしてはいけない場面なので、休憩をはさみつつ淡々と登り続けました。

 

(↑何合だったか覚えてない)

 

7~8号

 

6合目あたりで、下ってくる80歳くらいのおじいちゃんに遭遇して

7合目までいけば、後は楽よ。がんばれ

 

と応援の声をいただいて、本当にその通りでした。7~8合目はすぐです。

 

8合目

8合目には休憩スペースもあるので、ここで昼食を取って30分くらい休んでから山頂に向かいました。

 

 

8~9合

 

秒。秒で終わりました。

基本平たんな道で、すぐに終わります。

 

が背の高い草が茂っているので注意です。

 

9合~登頂

もう山頂が見える!!

 

ここまでくれば山頂を歩いている人たちの姿が見え、そこまでの道のりも見えるのですが

ここから意外ときつい

 

ごつごつした山の斜面をくねくねと登っていきます。

形の悪い石も多く足場もあまり良くないので一層集中力が必要になります。

 

登頂

わーい!

 

 

 

とはいえ、峰からもやや歩きました...

 

旧道と新道

 

滝沢市のページより

旧道がごつごつした道で、新道が森林の道です。

3年前に登ったときは登りも下りも新道で、今回もその予定だったのですが

下りの途中でいつのまにか旧道に紛れ込んでしまって6~3合目あたりまでを旧道で下りました。

旧道、本当に危なかった...

 

旧道

 

めちゃくちゃトレッキングポールトレッキングシューズが欲しくてたまりませんでした。

created by Rinker
ALBATRE(アルバートル)
¥4,676 (2019/09/22 01:57:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

他の登山者が用意していたもの

 

途中で出会った登山者が持っていたものを紹介します。

 

 

クマよけですかね。

created by Rinker
株式会社コヤマ
¥1,115 (2019/09/22 01:57:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

ラジオ

 

1人登っている方たちが結構持ち歩いていました。

 

持って行ったもの一覧

 

僕が持って行ったもの一覧は...

登山に向けて
  • タオル×2(濡らして首に巻く/汗ふき)
  • 着替え×1 (もう2枚くらいもっていく or 吸汗速乾系もってくべきだった)
  • 虫よけスプレー
  • 帽子
  • 昼食
  • カッパ
  • 600mlペットボトル×2(8合目で水が補給できるのでそこまで持てばok)

 

 

ですが、しっかりしたサイトも参考にしてほしいので...↓

 

まとめ

マジできつかったけど、とても達成感!!

 

また機会があったら登りたいですね。

 

今回は怪我無くこのような軽装でも登ることができましたが、 山をなめてかかってはとても危険なのでみなさんはしっかりと装備を整えて登ることをお勧めします!

 

良い登山ライフを!

 



人気記事セレクション

1. 暇な大学生がとりあえずやっといたら良さげなこと-資格?英語?プログラミング?
2. スマホ依存をやめるために試したことをまとめた。何度も開いてしまう原因...
3. 研究室選びの怖い話
4. 6畳の部屋にセミダブルベッドを置いても一人暮らしなら狭くなかった
5. 【使い方解説】Vtuberになれる「カスタムキャスト」が萌える。かわいい。 

 

おすすめの記事
SponsoredLink