リンクレポートの確認

 

まず、Amazonsの商品がクリックされているURLがPA-API5かどうかを確認します。

https://affiliate.amazon.co.jp/home

アフィリエイトのホームから「レポート」

 

 

レポートから「リンクタイプレポート」

 

 

この図ではPA-API(v4)からのリンクはありますが、PA-API5からはのリンクはないので、変える必要があります。

 

 

Rinkerの用意

 

僕が以前からAmazonのリンク作成で使っている「Rinker」というプラグインを使っていて、これがPA-API5にも対応しているので紹介します。

https://oyakosodate.com/rinker/

RinkerがPA-API5に対応しているのはVersion1.5.5以上なのでバージョン確認もお忘れなく。

 

Rinkerをインストールしたら、ワードプレスから設定をします。

 

設定->Rinker設定

 

Rinker設定より

アクセスキーID,シークレットキー,トラッキングIDの設定をします

 

他にも楽天、Yahooショッピング等のアフィリエイト設定がありますが、今回はPA-API5移行についてなので、割愛します。

 

これらの値はAmazonアフィリエイトページから取得できます。

 

ホーム->Product Advertising API ->認証キーの管理

 

 

 

アクセスキーはここから見ることができますが、シークレットキーは認証キーの作成をした時点でしか見れないはずなので、覚えていなければ新たに認証情報を追加して、そちらを使った方が良いでしょう。

 

 

アソシエイトIDはホームの上部から見つけられます。

 

基本的には、これで設定は終了です。あとはWordpressの記事執筆画面から「商品リンク追加」をクリックし

 

 

 

 

 

あとは商品を検索するだけでリンクを作成することができます。

 

 

 

2~3日経ってからAmazonAssociateのリンクレポートをもう一度調べると...

 

PA-API5のリンクからクリックされているとわかりますね。

 

 



人気記事セレクション

1. 月々の奨学金返済をブログ収入で賄えるようになったので、ブログのススメをする
2. 学生時代に遊んどけ論を本当に信じたらやばいぞ大学生!!
3. 人の話を聞いて一発で理解できない理由を考えてみた。
4. Amazon プライムとPrime Studentがガチでメリットだらけ。【破格の月額159円】無料お試しもできる!
5. TOEIC860点の人間が英語力がどれくらいなのか調べてみた。診断サイトと言えば...

 

おすすめの記事
SponsoredLink